タクシードライバーは【正社員】であり【自営業者】

タクシードライバーは【正社員】であり【自営業者】

Pocket

タクシードライバーは、社会保険や賞与がある『正社員』でありながら、

自ら判断し営業し売上に応じた収入を得られる『自営業者』でもあります。

 

タクシードライバーは、売上に応じた歩合給ですが、社会保険や有休休暇、福利厚生など、

正社員としての待遇も用意されています。

 

一方で、タクシーが『自営業者』でもあります。

タクシーの仕事は、流し営業といって会社を一度出ると、営業内容は全て自分の裁量に委ねられます。

1営業日の勤務時間内に営業区域内であればどこをどう走っても構いません。

すべて個人の裁量で営業することになります。

そのため、売上では平均7万円売り上げるドライバーもいれば、3万円台の方もいます。

ドライバーの収入は『売上×6割』の計算となりますので、給料は売上次第ということになります。

同じ営業エリアで同じ営業時間、タクシーを走らせてなぜ売上に開きが出てしまうのでしょうか。

成績が良いドライバーに共通して言えることは、タクシー営業のテクニックや知識、接客術など、

独自のノウハウを持っています。

また、どんな仕事でも同じですが、仕事をする高い意識があり、常に学ぶ姿勢を持っています。

このようなトップクラスのドライバーは、どんな時でも安定して売り上げを挙げ、

いとも簡単にタクシー営業で高い給料を稼いでいます。

 

当社の特徴は、現役のトップドライバーが最大6か月間の教育を行っている点です。

入社後すぐに売り上げを挙げるためのテクニックや知識を学ぶことで、

稼ぐためのテクニックやノウハウを学ぶことができます。

 

新人研修

 

Pocket

2017-09-03T22:55:23+00:00