未経験からタクシードライバーになった人の多くがぶつかる「道が覚えられない」「知らない道を走るのが不安」という壁。

 

たとえクルマやドライブが好きで、自由にクルマを走らせるのと、実際にタクシードライバーとして乗務で道を走るのとでは、慣れ親しんだ道でも違った見え方になります。

 

お客様にとってはドライバーが初心者だろうがベテランだろうが、同じ「プロのタクシードライバー」として利用されるので、「道がわからない」では仕事になりません。

 

今回は、未経験・初心者のタクシードライバーなら誰もが避けては通れない「道がわからない」を克服する方法をご紹介します。

 

「道がわからない」は「稼げない」に直結する

道がわからないドライバーと道に詳しいドライバー、どちらのほうが稼げるかは考えるまでもないでしょう。

 

タクシードライバーとして稼ぐには、道に詳しいだけでなく運転技能や接客スキルも大事ですが、道がわからないことを克服しないままドライバーを続けていても、売上を伸ばすことは到底できません。

 

なぜなら、道がわかる範囲内での営業しかできない=営業エリアが狭くなるからです。

 

ちょっとでも詳しくない道に入ると途端に不安になったり、お客様にご迷惑をかけたりすると、それが精神的ダメージとなって蓄積してしまうと、タクシーの仕事を辞めたくなってしまいます。

 

「道がわからない」を克服するのは接客である

「初心者なんだから、道がわからなくて当然だろう」という考えの方もいらっしゃるでしょう。しかし、いつまでも「初心者」を言い訳にタクシーの仕事を続けていても、売上が伸びないままです。

 

道がわからないままタクシーを走らせてもクレームにつながりますから、素直にお客様に聞かざるを得ません。

 

ズバリ、「道がわからない」を克服するのは接客です。道の聞き方を少し工夫するだけで、お客様に迷惑をかけたり、クレームを入れられたりするリスクを抑えることができます。

 

たとえば、

 

「申し訳ありません。目的地までの道がわからないので教えていただけますか?」

 

とストレートに聞くよりも

 

「申し訳ありません。初めて通る道ですので、ぜひお客様が普段お使いになるルートや抜け道があれば教えていただけますか?」

 

という言い回しにすれば、道がわからないという事実は同じでも、お客様を最短かつ最善のルートで目的地までお送りしたいという気持ちは伝わるはずです。

 

カーナビを使うときも一工夫を

カーナビを使うときも同じで、無断で目的地を入力して道を調べ始めたら、お客様を不安にさせてしまう場合があります。

 

「最短ルートを調べますので」あるいは「道路状況を調べますので」と前置きした上で、「ナビを設定してもよろしいでしょうか?」とお伝えすれば、お客様に不快な思いをさせずに済みます。

 

「道がわからない」はタクシードライバーにとって欠点ではあるものの、良い接客を心がければ克服できます。

 

また、接客スキルを高めるのとあわせて道を覚えていけば、営業エリアが広がって売上も大きく伸びるようになります。

 

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用