新型コロナウイルスが猛威を奮っています。

日々の報道で感染者数や死亡者数は増加の一途をたどり、旅行業界やエンターテイメント業界など、新型コロナウイルスの影響をもろに受けた業界もあります。

タクシー業界も例外ではなく、大きな売上の落ち込みを見せています。

政府が発した緊急事態宣言によって外出自粛が呼びかけられており、週末はもちろん、平日でも街を歩く人はまばらです。

新型コロナウイルスはいつか収束の時を迎えるでしょうが、やってくる未来は明らかに「コロナ禍」の前とは大きく変わります。

タクシー業界は今回のコロナ禍を乗り越え、どのような未来を迎えるのでしょうか?

人々のタクシーに対する認識が変わる可能性

今般の新型コロナウイルスの影響により、大きなタクシー需要が見込まれた東京オリンピック・パラリンピックは1年延期が決定し、海外からの旅行者も激減、タクシー業界は少なくない影響を受けています。

しかし、新型コロナウイルス対策の一環として、「通勤や通院をタクシーで」という声も上がっているのも事実です。

電車やバスなどの主要な公共交通機関は、どうしても「三密」の状況にならざるを得ません。

一方でタクシーは、車両一台ごとに換気や除菌を徹底するなど、具体的な対策を取ることができるため、より安全な移動手段という認識が広がっています。

「爆発的な需要」に今から備えられる会社が生き残る

大手タクシー会社が新型コロナウイルスの影響で売上が激減したことを受け、タクシー乗務員を多数解雇したニュースが業界を震撼させました

会社を存続させるためには仕方のないことだとしても、現時点でタクシーの需要は激減こそしているものの、これが未来永劫続くわけではありません。

新型コロナウイルスが収束し、延期となった東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づくと、タクシーの爆発的な需要がやってくることが予想されます。

しかし、冒頭でも述べたように、人々のタクシーに対する認識や期待は、今般のコロナ禍を通して明らかに変わっているはずです

たとえば、これまでのタクシーのメリットであった「利便性」や「快適性」に加え、新たに「公共交通機関よりも安全でクリーンな環境」というサービスの需要が加わることが予想されます。

そのような、新たに求められる「タクシーのありかた」に、サービスや営業方法を順応させることができたタクシー会社やタクシードライバーこそが、コロナ禍の収束後の未来で生き残れるのではないでしょうか。

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用