タクシー会社には、乗務員のほかにも、「タクシー運行管理者」という重要な仕事があります。

今回は、タクシー運行管理者とはどのような仕事内容なのか、また、気になる給与や管理者になる方法について解説します。

タクシー運行管理者の仕事内容

タクシー運行管理者は、ドライバーの勤怠や健康状態、売上の管理、さらには事故対応やクレーム対応などを業務としています。

具体的な仕事内容は、以下のとおりです。

  •  乗務員の出庫帰庫点呼・点呼記録の作成
  •  乗務員の健康状態の管理
  •  接客や安全運転に関する指導・監督
  •  勤怠管理
  •  配車手配
  •  電話受付
  •  事故対応・クレーム対応
  •  乗務の労務管理
  •  車両整備・メーター検査
  •  売上・給与の管理
  •  乗務員の募集・採用活動
  •  忘れ物の管理
  •  保守管理

仕事内容を見て分かる通り、運行管理者の仕事は基本的には内勤(デスクワーク)が中心で、給与面や待遇面でもドライバーとは一線を画します。

タクシー運行管理者の勤務時間・給与

タクシー運行管理者の勤務時間・給与のモデルケース(東京都墨田区)は、以下のとおりです。

  •  月給27.5万円~37.4万円
  • 賞与金額20万円~60万円
  •  変形労働時間制(変形労働時間制の単位:1ヶ月単位)
  •  就業時間1 7時00分~15時30分
  •  就業時間2 15時00分~7時20分
  •  休憩時間90分
  •  月平均労働日数24.0日
  •  年間休日日数77日

運行管理者となれば、当然ながら給与体系は固定給となるため、安定した給与が得られるものの、歩合制のドライバーのように大きく稼ぐということはできなくなります。

タクシー運行管理者になる方法

法律上、5台以上のタクシーを保有する営業所では、車両数に応じて運行管理者を配置する義務があります。

営業所に配置すべき運行管理者の数は、「保有するタクシー台数40で割った数+1名以上」です。

たとえば、タクシーが40台ある営業所では、2名以上の運行管理者を配置が必要となります。

運行管理者業務は資格なしでも行えますが、タクシー会社には運行管理者の資格取得者を雇用しなければなりません。

タクシー運行管理者の資格を取る方法は、以下のとおりです。

  •  運行管理者試験(旅客)に合格※
  •  5年以上の運行管理の実務経験
  •  5回以上の講習受講

※受験資格として運行管理実務経験1年以上

なお、運行管理者の資格なしでタクシー会社に入社した人は、タクシードライバーとしての乗務経験を積んだ上で、運行管理者になる方法が一般的です。

当社でもトップクラスのタクシードライバーが運行管理者になって、ドライバー研修の担当者を兼務し、ドライバーの底上げを行っています。

キャリアアップとして、運行管理者を目指すのもおすすです。

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用