タクシーの売上を伸ばすためには、「稼ぎやすいスポット」を選ぶことが大切です。

稼げないスポットでタクシーを走らせたり、付け待ちをしたりしても、よほどの穴場でもない限り、一向に稼ぐことはできません。

今回はタクシーが稼ぎにくいスポットと、時間帯やエリアで考える稼ぎ方について解説します。

 

乗車人員の少ない駅

 

東京や大阪など都市部のターミナル駅は、タクシーがもっとも稼ぎやすいスポットのひとつです。

 

しかし、通勤・帰宅ラッシュ時間外で利用客が少なくなる駅や、そもそも普段から乗車人員の少ない駅は、タクシーで付け待ちしても利用客をピックアップすることはできません。

 

タクシーの付け待ち営業は、人通りの多い場所を狙うのが鉄則です。したがって、都市部であっても駅前にロータリーがなかったり、そもそも利用客が少なかったりする駅は、付け待ち営業に向いていません。

 

他のタクシーが狙わない「穴場」的な駅もないわけではありませんが、わざわざ穴場を探すよりは、誰もが知るターミナル駅で付け待ちをした方が稼げます。

 

深夜の商業施設

 

商業ビル・デパートは、利用客の出入りが多くなる朝から昼間にかけての時間帯が稼ぎどきです。

 

しかし、昼間は買い物客の往来が多い商業施設も、営業時間終了後の深夜は人の流れがまばらになります。建物内の飲食店で食事を終えた方や、映画を観終わった方などをちらほら見かけるくらいです。

 

商業施設の付近にはタクシー乗り場がありますが、深夜に付け待ちしても稼ぐことはできません。

 

早朝のオフィス街

 

オフィス街はタクシーが稼ぎやすい定番スポットのひとつですが、始業前の早朝はほとんどタクシー利用客がいません。

 

オフィス街は会社の営業時間によって稼げるか稼げないかが左右されます。タクシー利用客がもっとも増える時間帯は、午前9時~10時くらいから昼にかけて、あるいは17時以降の夕方の時間帯です。

 

また、残業から帰る会社員を狙って、夜から終電時間前の時間帯に営業をしてみるのもおすすめです。

 

住宅街

 

住宅街はロータリー駅やオフィス街以上に、時間帯やエリアの見極めが稼げるか、稼げないかを左右するスポットです。

 

たとえば、通勤ラッシュ前の時間帯は駅へと向かう会社員、日中は病院や買い物に向かう高齢者の方を拾えるチャンスはありますが、そのチャンスを逃せば稼げる可能性がガクッと下がってしまいます。

 

まとめ

 

タクシーの稼ぎにくいスポットや、時間帯で考える稼ぎ方について解説しました。

 

タクシーは時間帯やエリアはもちろん、曜日、天候、イベントの有無など、さまざまな要因で稼げる・稼げないが決まります。

 

今日はどの時間帯・どのエリアで稼ぐか、事前に予定を立てることで、効率よく売上を伸ばすことができます。

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用