タクシー運転手は安全運転が第一ですが、業務中に万が一事故を起こしてしまった場合はどうなるのでしょうか?

 

今回は、タクシー運転手が事故を起こしてしまった場合の責任や保険について解説します。

 

タクシー業務中に事故を起こしてしまったときの対応

 

万が一、業務中に事故を起こしてしまった場合は、とにかく冷静に対処することが大切です。

 

単独事故の場合は自身のケガの程度を確かめましょう。相手がある事故の場合は自身が体を動かせるかどうかを確認した後、すぐに相手方の安否を確認します。

 

安否確認後はすぐに警察に通報しましょう。対人・対物関係なく警察への届け出を行わないと事故証明書がデないため保険が下りません。

 

警察への通報が済んだら、自身が所属するタクシー会社へ事故の報告をして指示を仰ぎましょう。

 

タクシーにおける過失割合

 

過失割合とは、事故の当事者のどちらが交通違反および不注意の責任が大きいのかを判断する指標のことです。

 

一般の車両同士の事故であれば、右左折時の不注意やスピードの出し過ぎ等があったほうの過失割合が大きくなります。

 

ただし、タクシーと一般車両の事故の場合は、運転のプロであるタクシー運転手のほうが過失割合を厳しく判断される可能性もあります。

 

業務中の事故の補償

 

タクシー会社には任意保険の加入が義務付けられているため、業務中の事故に対する何らかの補償制度を整備しています。

 

ただし、タクシー会社によって事故の補償の有無や内容は異なります。

 

たとえば、物損事故か人身事故かの違い、タクシー運転手の過失の有無によって補償内容が違い、また補償額にも全額負担や一部負担など違いがあります。

 

基本的に大手タクシー会社ほど手厚い補償を準備していますが、タクシー会社への就職を検討する際は、どのような事故補償があるか事前に確認しておきましょう。

 

また、業務中の事故でタクシー運転手がケガをしてしまって休業を強いられた場合に備え、休業補償があります。

 

休業補償があれば休業中にも給与が補償されますが、こちらも事故補償と同じく、タクシー会社によって補償額や内容が異なります。

 

まとめ

 

タクシー運転手が業務中に事故を起こしたときの対応や過失割合、補償制度について解説しました。

 

どれだけ運転が得意でも過信は禁物です。起きてしまった事故に対しては適切に対処するしかありません。

 

タクシー会社への就職・転職を検討する際は、補償制度の内容でどの程度カバーしてもらえるのかを必ず確認するようにしましょう。

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用