タクシードライバーの服装といえば、スーツスタイルが一般的です。ただし、会社によって制服を貸与しているところもあれば、ドライバーの判断に任せているところもあります。

 

今回はタクシードライバーの服装や身だしなみについて、タクシー会社の規定やルールをご紹介します。

 

タクシー会社は制服のケースが多い

 

タクシー会社の多くは社員に制服の着用を義務付けています。福利厚生としてワイシャツ、スラックス、ジャケット(ブレザー)、ベスト、ネクタイ、社章の一式を無償で貸与するケースが多く見られます。白手袋や制帽に関しては、導入していない会社もあるようです。

 

タクシー会社によっては制服の有償レンタルや、給料からの天引きというケースもあるため、入社前に確認しておくことをおすすめします。

 

タクシー会社から制服の支給がない場合

 

制服を支給していないタクシー会社は、服装に関してルールを定めているところもあれば、社員の判断に任せているところもあります。

 

夏場はタクシー業界でもクールビズを導入するのが一般的で、ノー上着・ノーネクタイを採用しているケースが多く見られます。

 

靴やネクタイなどの小物に関しても、タクシー会社によってルールはさまざまです。たとえば靴に関しては、デザインや素材まで細かく規定しているところもあれば、革靴にこだわらずスニーカーでもOKとしているところもあります。

 

いずれにせよ、清潔感のあるベスト付きのスーツスタイルを選んでおけば間違いありません。

 

髪型やひげ等の身だしなみに関するルール

 

髪型やひげ等の身だしなみについても、タクシー会社によって対応が異なります。たとえば、茶髪や長髪を禁止する会社もあれば、清潔感のある髪型であれば基本的にOKとする会社もあります。ひげに関しても同様で、キレイに整えるのであればOKというように、会社ごとに規定が異なります。

 

女性の場合は、髪をひとつに束ねることを義務付けていたり、清潔感があれば細かい指定がなかったりもします。

 

まとめ

 

タクシー会社の多くは制服を貸与しているため、基本的に服装で悩むことはないでしょう。制服の貸与がない会社であっても、紳士服店で販売されているようなダーク系のスーツであれば問題ありません。タクシードライバーの服装や身だしなみに関しては清潔感を重視して、お客様に不快感を与えないように心がけましょう。