あなたは「歩合制」と聞いてどんなイメージが浮かぶでしょうか?

 

タクシー会社のほとんどは歩合制(一部歩合も含む)を採用しており、未経験者でも短期間でベテラン並みの賃金が稼げるようになる成果主義です。

 

一方、日本の企業には古くからの「年功序列」という働き方もあります。

 

今回は年功序列と成果主義の違い、およびタクシー運転手が歩合制であることのメリットについて解説します。

 

年功序列と成果主義の違い

 

年功序列は社員の年齢や勤続年数に応じて、賃金や役職が優遇される人事制度です。「会社に長く勤めていたら出世できる」制度であることから、社員の会社への帰属意識を高めたり、ベテラン社員を長年定着させたりといったメリットがあります。

 

高度経済成長期の日本では企業の大半が人事制度を導入していましたが、人件費の高騰や労働人口の減少といった問題をはらんでいることから、現在では廃止の方向に進んでいる企業が多くみられます。

 

年功序列を廃止した企業が導入する新たな人事制度が、成果主義です。成果主義では、社員の能力に応じて賃金や役職が優遇されます。勤続年数に関係なく、またどの年齢でも、能力があれば高く評価されます。

 

タクシー会社のほとんどが導入している「歩合制」も、成果主義の一種と見ることができます。

 

タクシー運転手が歩合制であることのメリット

 

タクシー会社が歩合制を導入することで、社員は次のようなメリットが得られます。

 

年齢・性別に関係なく活躍できる

 

タクシー業界は慢性的な人材不足の問題を抱えており、幅広い人材を欲しています。定年退職後の働き方の一つとしてタクシーが挙げられるように、新卒の方から定年退職された方まで、もちろん男性でも女性でも、年齢・性別に関係なく活躍できる場が与えられます。

 

未経験でも経験者でもスタートラインが同じ

 

タクシー運転手未経験の方でも、また他社から転職してきたタクシー運転手経験者の方でも、入社時の待遇は同じです。

 

むしろ、未経験者の就職や他業種からの転職を積極採用しているタクシー会社もあります。なぜなら、未経験者のほうが教育を素直に受け入れ、自己流ではない正しい営業方法が身につくからです。

 

新人研修が充実したタクシー会社に就職・転職すれば、経験者よりも早いスピードで稼げるようになります。

 

タクシー運転手になるなら研修制度が充実した太洋モータースへ!

 

太洋モータースでは、インターネットホームページを活用して幅広い年代の方を募集、未経験者の方を中心とする採用活動を行っています。

 

当社の研修制度では、各種法令や接客教育といった基礎にとどまらず、未経験からすぐにベテラン並みに稼げるようになる営業方法の教育にも力を入れています。

 

タクシー運転手の仕事に興味のある未経験者の方は、ぜひ太洋モータースにご相談ください。