タクシーには、明確に需要が増えるタイミングがあります。

 

タクシー運転手にとっては需要が増えるタイミングを押さえておくことで、売上を大きく伸ばせるチャンスです。

 

では、具体的にどんなときに需要は増加するのでしょうか?

 

今回はタクシーの需要が増えるタイミングを「時間帯」と「季節要因」で解説します。

 

タクシーの需要が増える時間帯

 

1日のうち、タクシーの需要が増える時間帯は以下の2つです。

 

  • 朝の通勤時間帯
  • 夕方~夜の帰宅時間帯

 

それぞれの時間帯について、需要が増える要因を解説していきます。

 

朝の通勤時間帯

 

朝の7時~9時にかけて、いわゆる通勤ラッシュの時間帯は、タクシーの需要が一気に増加します。

 

電車やバスといった公共交通機関がもっとも混雑する時間帯ですので、混雑を避けたい人や快適に通勤したい人がタクシーを利用します。

 

東京都内であれば、23区内のオフィス街へ向かう人をピックアップしやすくなります。

 

夕方~夜の帰宅時間帯

 

17時以降の帰宅時間帯は、通勤ラッシュよりも時間が分散するものの、やはり混雑します。

 

帰宅する人に加え、飲食をするために移動する人も増えます。

 

オフィス街からベッドタウン、オフィス街から繁華街というルートがピックアップしやすくなるでしょう。

 

タクシーの需要が増える季節要因

 

タクシーの需要は以下のような天候や季節によっても変動します。

 

  • 悪天候
  • 年末

 

それぞれの要因について詳しく解説していきます。

 

悪天候

 

タクシー需要が一時的に増える天候は以下のとおりです。

 

  • 梅雨の雨天時
  • 夏の猛暑時
  • 秋の台風
  • 冬の降雪

 

天候によっては電車が運転を見合わせることもあるため、大きなタクシー需要に繋がります。

 

最近では夏が健康に悪影響を及ぼすほどの酷暑になってきており、猛暑日にはタクシー需要が高まる傾向にあります。

 

年末

 

12月の忘年会シーズンやクリスマス~大晦日にかけて、飲食店や小売店にとっては1年で一番のかきいれ時となります。

 

これに比例して、会社員やファミリー、カップルでのタクシーの需要も高まります。

 

夕方から夜にかけては、普段よりも特に利用者が増えるでしょう。

 

まとめ

タクシーの需要が増えるタイミングを時間帯と季節要因で解説しました。

 

タクシーの需要が高い時間と場所を把握することは、売上を大きく伸ばすためには必須の要素です。

 

普段から天気情報、イベント情報などを頭に入れて、タクシー需要の高まるところに配車できるよう工夫してみましょう。