同僚や先輩とデスクを並べて仕事をするようなオフィス勤務と違い、タクシードライバーの乗務中は基本的にひとりです。

 

フィジカルとメンタルの両方を自己管理できなければ、営業でベストなパフォーマンスを発揮することはできません。

 

今回はタクシードライバーに求められる自己管理能力や、自己管理術を学ぶためのポイントを解説します。

 

そもそも自己管理能力とは

自己管理能力とは、目標や目的を達成させるために、自分をどれだけコントロールできるかという能力を指します。

 

たとえば「筋肉をつけてかっこいい体にするために、お菓子を食べるのをやめて筋トレをしよう」という具合です。

 

このように目的や目標を達成するため、自身の健康や時間、お金、感情、モチベーションなどを律することが、自己管理能力となります。

 

タクシードライバーに自己管理能力が必要な理由

タクシードライバーはタクシー会社の会社員ではあるものの、乗務に出れば個人事業者と同じです。

 

出庫してから帰庫するまで、売上という目標を達成するために、働くためのコンディションを整え、限られた時間の中で効率的に稼ぐことが求められます。

 

とくに隔日勤務で長時間労働をするときは、より自己管理能力が問われます。

 

長時間にわたって集中力を維持するための健康管理やモチベーションの管理、どんなお客様に対しても丁寧な接客を心がけるための感情のコントロールも重要です。

 

したがって、自己管理が得意な人はタクシードライバーの素質があると言えます。

 

稼ぐドライバーの自己管理術

売上を稼ぐタクシードライバーは、どんな自己管理を心がけているのでしょうか?

 

ポイントは働く時間と休む時間のメリハリの付け方です。

 

たとえば、隔日勤務の長時間労働でも集中力と健康を維持するため、適度な運動やバランスのとれた食事を心がけています。

 

また、自己管理をするためには精神的な余裕を保つことも大切です。

 

現役ドライバーは休日になると、自分の趣味に打ち込んだり、職場の同僚や先輩とスポーツを楽しんだりして、心身をリフレッシュさせています。

 

まとめ

タクシードライバーに求められる自己管理能力について解説しました。

 

同僚や先輩の意見も参考にしつつ、ぜひ自分なりの自己管理の方法を身に着けましょう。

 

太洋モータースでは、6ヶ月間の新人研修を実施しています。

 

実績豊富な先輩ドライバーから、自己管理についてのアドバイスも受けられるので、ぜひ参考ににしてみてください。