タクシードライバーの平均年齢は平成30年時点で60.1歳ですが、最近では20代でタクシードライバーとして活躍する人も増えています。

では、20代新卒でタクシー会社に就職すると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

20代新卒でタクシー会社に就職するメリット

 

タクシードライバーは頑張った成果が給与に反映されるため、一般的に給与が低い20代のうちから高収入を得ることも可能です。また、タクシー会社によっては月25万円の給与保証といった手当もあります。

 

さらに、若手の教育や研修制度に力を入れているタクシー会社に就職すれば、半年~1年ほどで月収40万円以上を稼ぐ方もいます。

大卒の初任給が25万円前後であることを考えれば、売上次第で同学年で1.5倍もの収入を得ることができるといえます。

 

中小のタクシー会社で20代のドライバーは珍しいほうですが、大手タクシー会社では積極的に新卒のドライバーを採用しています。20代のうちからタクシー会社で経験を積み、勤続10年以上になれば、個人タクシーとして30代のうちに独立することも可能です。

 

20代新卒でタクシー会社に就職するデメリット

 

収入は売上次第となりますので、タクシー営業のスキル、地理の知識、接客術など、総合的に必要となります。

 

短期間で結果を出せる人がいる一方で、挫折して辞めていく方も少なくありません。

 

教育制度に力を入れているタクシー会社選びが重要

 

メリット・デメリットで見たように、20代新卒でタクシー会社に就職する場合は、タクシー会社選びが重要となります。

 

タクシー会社選びで注目すべきポイントは、新人教育に力を入れているかどうかです。

 

タクシードライバーは会社員でありながら個人事業主のような働き方をする側面もあります。そのため、独学で稼ぐ方法を身につけることは難しいと言わざるを得ません。

 

新人教育や研修制度が充実しているタクシー会社であれば、入社後半年~1年間かけてタクシードライバーとしての働き方や稼ぎ方を身につけることができます。

 

就職活動の際は、ぜひタクシー会社の教育制度に注目してみましょう。

 

まとめ

太洋モータースは、ドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げています。その理由は、ドライバーの教育に力を入れているからです。未経験で就職して、わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人ドライバーもいます。

 

就職・転職成功のポイントは会社選びがすべてと言っても過言ではありません。タクシー会社への就職・転職でお悩みの方は、ぜひ太洋モータースにご相談ください。