一般的に50代で転職しようとすると、なかなか就職先が見つからずに苦戦を強いられるケースが少なくありません。しかし、タクシー運転手は平均年齢が60歳以上と、50代で転職してもまだまだ活躍できる仕事です。

 

今回は、50代でタクシー会社に転職するメリット・デメリットを紹介します。

 

50代でタクシー会社に転職するメリット

 

タクシー会社の多くは、50代で未経験の方の転職を歓迎しています。50代で転職しても活躍の場があり、それから20年以上にわたって働くことも可能です。地元の道や観光地などに詳しいと、ドライバーの即戦力になり得ます。

 

さらに、他業種であれば50代の転職は給与アップにあまり期待できませんが、タクシードライバーなら転職前よりも稼ぐことが可能です。弊社太洋モータースの例を挙げると、50代・未経験でタクシードライバーになった人が、前職の収入を入社後1年以内に超えています。

 

またタクシードライバーは基本的に個人であるため、人間関係のストレスが比較的少なく、自分のペースで働くことができます。

 

50代でタクシー会社に転職するデメリット

 

多くのタクシー会社は、1日の勤務時間が12時間を超える隔日勤務で募集しています。隔日勤務は長時間働く体力はもちろん、事故を起こさないように集中料を切らさないことも大切です。

 

50代でタクシードライバーに転職すると、隔日勤務は体力的にきついと感じることも多いでしょう。腰痛や肩こりなどの持病がある方は、ほぼ1日座りっぱなしという環境で症状を悪化させてしまうおそれもあります。

 

50代の転職はタクシー会社選びが重要

 

50代でタクシー会社に転職する場合は、会社選びが重要となります。給与体系や勤務形態、福利厚生なども大事ですが、何より研修制度が充実しているかどうかに注目しましょう。

 

タクシー会社の研修制度は、ドライバーとしての稼ぎに直結します。研修制度が充実しているタクシー会社に転職できれば、入社後1年以内で月収40万円を超えることも可能です。

 

まとめ

 

タクシードライバーは、50代・未経験からの転職でも十分に活躍できます。ただし、安定した収入や無理のない働き方を求めるなら、慎重なタクシー会社選びが大切です。

 

太洋モータースは、ドライバー単位で業界トップクラスの平均売上を上げています。その理由は、ドライバーの教育に力を入れているからです。弊社では、50代・未経験で入社して、研修期間の半年間で前職の収入を超えたドライバーが登場しています。

 

入社前にタクシードライバーの仕事について知りたい方は、ぜひ弊社までご相談ください。