「ホスピタリティ」という言葉をよく耳にしませんか?

 

最近ではサービス業のみならず、医療現場などでも疲れる機会が増えてきました。

 

今回はタクシードライバーが身につけるべきホスピタリティと、ホスピタリティ向上がもたらすメリットについて解説します。

 

タクシードライバーが身につけるべきホスピタリティとは

「ホスピタリティ」には、「思いやり」や「心を込めたもてなし」といった意味があります。

 

では、タクシードライバーにおけるホスピタリティとは何を指すのでしょうか?

 

ドライバーの乗客に対する行動に対して、乗客が感謝の気持ちを持ち、乗客が喜びを感じていることをドライバーも受け取る「相互満足」を指します。

 

つまり、ドライバーと乗客がお互いに満足し、信頼関係を強め、共に価値を高めていくことです。

 

このように心を込めておもてなしすることを、ホスピタリティ精神といいます。

 

ホスピタリティ向上がもたらすメリット

タクシードライバーがホスピタリティ精神を高めることで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

1.仕事に対して積極的になる

 

ホスピタリティ精神を持つと、先回りして自分が行うべきことを考えるようになります。

 

たとえば、乗客が仮眠を取り始めたら優しい運転をする、車内で肌寒そうにしていたらエアコンの温度を調整するといった行動です。

 

その行動が乗客に喜んでもらえると、ドライバーにとってはやりがいにもつながります。

 

結果的に仕事に対して積極性が出てくることになり、売上の向上にも寄与します。

 

2.信頼される人間になる

 

ホスピタリティ精神を育むには、相手の立場にたって考えることが最重要です。

 

自分のために一生懸命行動してくれる相手に対して、人は信頼の気持ちが生まれます。

 

この行動が元でリピータを増やしたり、指名をもらったりすることに期待できます。

 

自分の行動が乗客に喜ばれ、人間として信頼を勝ち取ることができれば、仕事への自信にもつながるでしょう。

 

まとめ

タクシードライバーのホスピタリティについて解説しました。

 

一定水準以上の接客を求められるタクシーで業界で働くには、しっかりとホスピタリティの意味を理解することが大切です。

 

太洋モータースでは、お客様に喜ばれ、自身の売上も伸ばす独自の接客ノウハウを確立しています。

 

前職が接客業でない人や、コミュニケーションに自身がない人でも、ぜひ太洋モータースにご相談ください。