タクシードライバーはお客様からのクレームや、売上が伸びない焦りなどが原因で、ストレスを抱え込んでしまうことがあります。

 

メンタル面が不調になると、体調や仕事のパフォーマンスに影響を及ぼすだけでなく、精神疾患になってしまうケースも少なくありません。

 

精神疾患にならないためには、具体的にどのような対策が必要なのでしょうか?

 

今回はタクシードライバーのメンタルヘルスケアについて解説します。

 

タクシードライバーにありがちなストレスの原因

タクシードライバーはどのような場面で強いストレスを感じるのでしょうか?

 

具体例をピックアップしてみましょう。

 

1.理不尽な乗客

 

タクシーの乗客のすべてが感じの良い人とは限りません。

 

1日に何十人も接客していると、神経質な人や酒に酔っている人にあたることもあります。

 

理不尽な乗客からのクレームやトラブルなどが原因で、ストレスが溜まって辛いと感じるタクシードライバーも少なくありません。

 

2.売上が伸びないことへの焦り

 

タクシードライバーは歩合制が一般的で、売上が自身の給料に直結します。

 

最近はコロナ禍もあってタクシー利用者も減り、売上が思うように伸びないこともあるでしょう。

 

きついノルマを課せられていない場合でも、長時間勤務なのに売上が伸びないことはストレスを溜める原因となります。

 

具体的なメンタルヘルスケアの方法

接客業である以上、タクシードライバーがストレスゼロで仕事を続けることはほぼ不可能です。

 

では、自身のメンタルを守るために、具体的にどのようなヘルスケアが必要なのでしょうか?

 

1.プライベートでストレスを解消する

 

タクシードライバーは休日が多い仕事でもあります。

 

とくに隔日勤務の翌日は明け番と言って、24時間以上の休みがもらえます。

 

プライベートでは仕事のことを考え込まないようにして、家族や友人と楽しい時間を過ごしましょう。

 

趣味に没頭するのもおすすめです。

 

2.適度な運動と規則正しい食事

 

体調とストレスは切っても切れない関係にあります。

 

睡眠不足や栄養不足では、ストレスに耐えうる体は作れません。

 

適度な運動と規則正しい食事を心がけ、心身ともに疲れにくい体作りを心がけましょう。

 

まとめ

メンタルを病まないためには、仕事中でもプライベートでも具体的な対策で予防をしておくことが大切です。

 

またこれからタクシー会社への転職をお考えの方は、社員のメンタルヘルスケアについて真剣に取り組んでいるタクシー会社を選びましょう。