「共感力」とは、他人の気持ちを察することができ、感情に寄り添うことができる力を指します。

 

共感力の高い人はコミュニケーションが円滑に進み、他人と早く信頼関係を築く傾向にあります。

 

接客業であるタクシードライバーにとって、共感力は必須のスキルです。

 

今回は共感力の高い人の特徴や、共感力を高める方法を解説します。

 

共感力が高い人の特徴

具体的に、共感力が高い人はどのような特徴があるのでしょうか?

 

1.  自分と相手との共通点を見つけられる

 

共感力の高い人は、「どんな相手にも自分と共有・共感できる部分がある」と自然に考えています。

 

たとえ性別や年齢、職種あるいは出身地などがまったく違っても、会話をしながら自分と相手の共通点を見つけることができます。

 

タクシーでお互いの共通点について会話が盛り上がれば、リピーター獲得や指名をもらえる可能性があります。

 

2. 人への興味を強く持っている

 

相手のことに興味がなければ、自分との共通点を見つけることはできません。

 

共感力の高い人は日頃から人へ興味を強く持ち、積極的に相手から会話を引き出そうとします。

 

そのため会話が途切れず、自然と共通の話題で盛り上がります。

 

3. 聞き上手である

 

共感力が高い人はおしなべて聞き上手です。

 

そのため人の気持ちに共感し、「相手が気持ちよく話せるために、どのように聞けば良いか」が自然と身についています。

 

だれしも、自分のことに共感して話を聞いてくれる相手には、つい多くを語りたくなってしまうものです。

 

共感力と高める方法

共感力は誰でもちょっとしたトレーニングで身につけることができます。

 

1.相手のことを自分ごととして捉える

 

会話のときに「これを言ったら(聞いたら)相手はどう思うだろう?」を意識していますか?

 

相手の立場を考えながら会話を進めると、自ずと共感が得られる言葉が出てきます。

 

会話の中では相手の表情や振る舞いなどを観察し、気持ちを読み取ろうとする努力が大切です。

 

2.相手の会話の内容をイメージ化する

 

共感力が高い人は想像力も豊かです。

 

会話の中で想像力を働かせ、相手が話す内容を具体的にイメージ化すると、相手の気持ちが読み取れるようになります。

 

3.読書をする

 

読書は、文字情報から頭の中で場面を構築することができます。

 

とくに小説や随筆、ノンフィクションなどがおすすめです。

 

書き手や登場人物の気持ちを読み取る訓練をすれば、自然に共感力も高められます。

 

まとめ

タクシードライバーに必須の「共感力」について解説しました。

 

太洋モータースでは、独自の接客マニュアルを確立しているため、初対面の人との会話が苦手という人でも安心です。

 

接客業以外の他業種からの転職も積極的に受け入れていますので、ぜひお気軽にご相談ください。