タクシーを利用する際、タクシーアプリを活用されるお客様も増えています。タクシーアプリを活用することで、より便利にタクシーを呼ぶことができるからです。

 

そこで、ここではタクシーアプリにはどんな種類があるのかをご紹介します。タクシー利用者を増やすためにも、ぜひタクシーアプリの特徴を知っておきましょう。

 

 

タクシーアプリの種類

タクシーアプリには、主に以下の種類があります。

 

GO

「GO」はCMでもおなじみの有名なタクシーアプリの1つで、すでに2000万近いダウンロード数を誇るのがGOです。乗車位置を指定することができ、アプリを開くことで現在地の地図が表示されます。地図を拡大しピンを乗車位置に移動した後、[ここで乗る]というボタンをタップします。

事前配車が可能なことから、時間を指定して予約したい場合に便利です。車内決済のほかGo Payというものがあり、カード、d払い、PayPay払いなどが可能なため、キャッシュレスにもしっかりと対応しています。

 

S.RIDE

「S.RIDE」はソニーグループ株式会社が保有するAIおよび、IT技術を活用して開発されたタクシー配車アプリです。GOに比べると累計ダウンロード数は200万と少ないですが、それでも主要タクシーアプリとして、多くの方々に利用されています。「S.RIDEプレミアム」の場合、月額料金が3480円となり、タクシーの予約配車が使い放題となります。

S.RIDEであれば、東京都内のタクシー走行台数10,000台以上、東京都内のタクシーの3台に1台が対応していることから、とても探しやすいのが特徴で、当社採用のアプリです。

クレジットカード払いやApple Payでの支払い、au PAY、d払い、PayPay、LINE Pay、メルペイで支払いが可能。多くのキャッシュレスに対応しているため、とても便利といえます。

 

DiDi

「DiDi」は目的地と乗車地点を入力しタクシーを呼ぶと、平均わずか5分でタクシーが到着するタクシーアプリです。累計700万以上ダウンロードされ、利用者が増えているタクシーアプリ。

 

急いでいるときにタクシーを捕まえたいという場合、DiDiは最適かもしれません。

現金払い以外にも、クレジットカードやデビットカード、PayPay払いなどに対応しています。

 

 

まとめ

タクシーアプリはタクシーを利用する際にとても便利であり、多くのお客様が活用されています。

 

タクシー運転手側もアプリを積極的に利用している方が売上の半分以上を稼ぐ現象が起きています。

ですので、お客様だけでなく、運転手にとっても便利なのがタクシーアプリなのです。


太洋モータースはチェッカーキャブグループ(都内)のタクシー会社です。
当社ではタクシードライバー募集しています。

✅採用サイト

✅採キャリアアッププログラム

✅採新人研修プログラム