タクシー会社への転職を考えている人の中には、本当に稼げるかどうかお悩みの人も多いのではないでしょうか?ネットの情報を見てみると、タクシーは稼げるとも、稼げないとも書かれています。

そんな悩みや不安を払拭すべく、今回はタクシーで月収50万円をコンスタントに稼ぐポイントについて紹介します。

 

タクシーの売上は客数と単価の乗数

月収50万円を達成するためには、「売上が何で成り立っているのか」を知ることが重要です。

タクシーの売上は「客数×単価」で成り立っています。お客様を乗せる数を増やし、お客様の単価を上げれば、売上は上がります。

大事なことは、両方を伸ばす方法を知ることです。片方だけ極端に延ばしても、効率的に稼ぐことはできません。

客数を伸ばすために「場所」と「時間帯」を把握する

初心者のタクシードライバーにとって、高単価のお客様=長距離移動のお客様を見極めるのは至難の業です。したがって、まずは客単価よりも客数を増やすことに注力していきましょう。「数撃ちゃ当たる」ではありませんが、客数が増えれば高単価のお客様を乗せるチャンスも増えます。

客数を増やすためには、タクシー利用のお客様が多い「場所」と「時間帯」を把握することが大切です。そのためにも、まずはいろんな道を走って経験を積んでいきましょう。

 

ロング狙いは「人」と「場所」と「時間帯」を把握する

「客数が増えれば高単価のお客様を乗せるチャンスも増える」と述べたように、まずは客数を増やすことが月収50万円達成の第一歩です。

ある程度お客様の数を増やすことができるようになったら、「どんなお客様がタクシーにたくさんお金を使ってくれるか」がわかるようになってきます。

高単価のお客様、いわゆるロングは「人」と「場所」と「時間帯」で見ます。

たとえば、学生の方や主婦の方よりも、会社の社長や役員、終電後まで繁華街にいるサラリーマンの方などのほうが、タクシーでお金をたくさん使ってくれる傾向にあります。

港区、中央区、千代田区には、大手企業のオフィス街が集中しているため、ある程度お金を自由に使える富裕層も集中しています。

深夜や早朝は公共交通機関が動いていないため、東京の都心~郊外の長距離を移動するお客様が増えます。

以上のポイントを踏まえれば、ロングのお客様を乗せる確率も上がりますよ。

客数を増やし、客単価を伸ばす。コツをつかめば、1ヶ月の半分以上を休みながらも月収50万円以上を稼ぐことも可能です。何よりも基本に忠実に、マニュアルから学び、先輩のアドバイスを素直に聞いて、なおかつ実践できるドライバーが当社でも稼いでいます。

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用