平成29年(2017)の全国の男性タクシードライバーの平均年収は約333万円でした。

しかし東京都の男性タクシードライバー平均年収は約418万円と、全国平均より約80万円も高い平均値となっています。

タクシードライバーの年収の違い、稼げる人と稼げない人は何が違うのでしょうか?

 

営業エリアの違い

タクシードライバーの平均年収がダントツで東京都が高い理由は、単純にタクシーを利用されるお客様が多いからです。東京都23区は特に利用客の方が多く、むしろタクシー不足、タクシードライバーの人手不足まで懸念されています。

 

タクシーで稼ぎたいと考えるなら、東京都23区を営業エリアにしているタクシー会社に就職しましょう。

 

勤務体系の違い

タクシードライバーの勤務体系には「日勤」「夜勤」「隔日勤務」の3種類があります。

 

日勤は一般的な会社員と同じように、朝から夕方まで働く勤務体系です。公共交通機関が動いている時間帯で、深夜の割増がないことなどから、お客様をピックアップする回数や単価も他の勤務体系に比べて多くはありません。

 

夜勤は夕方から深夜までの勤務体系です。公共交通機関が動いておらず、また深夜の割増料金になることから、大きく稼ぐチャンスと言えます。ただし、深夜帯に働くため体への負担も大きいというデメリットもあります。

 

隔日勤務は1日仕事をして、1日休むというスタイルで、タクシードライバーの最もメジャーな勤務体系です。1日の営業時間は18~20時間と長時間となりますが、翌日は休みになるため、夜勤ほど大きな負担はありません。さらに、タクシーの利用率が高まる夜間~早朝の時間帯をカバーしているので、効率的に稼ぐことができます。

 

稼ぐノウハウの違い

稼ぐために一番大事なことが、稼ぐためのノウハウを持っているかどうかです。どの営業エリア、勤務体系で働こうが、結局は稼ぐノウハウを理解していて、実践できていなければ稼ぐことはできません。

 

「毎乗務ごとにワンツーマン研修を受け、自分の頭で考えて実践する」

これが素直にできる人は、未経験者でも入社半年~1年で年収500万円~600万円を達成します。

 

太洋モータースは、ドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げている会社です。プロのドライバーが教える「稼げる生きたノウハウ」を実践しているドライバーは、安定して稼ぐスキルを身に付けています。

 

タクシードライバーへの転職に興味がある方は、ぜひ当社までご相談ください。

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用