タクシーでの稼ぎ方を考えるとき、時間帯によるタクシー利用客の特徴を知ることが非常に重要です。

たとえば、通勤ラッシュの時間と昼休憩の時間では、タクシーを利用するお客様の数や客単価が大きく異なります。

売上を大きく伸ばすためにも、ただ漫然とタクシーを走らせるのではなく、1日の時間帯におけるタクシー利用のお客様の特徴を知り、「営業エリアのどこに行けば、どんなお客様がいるか」をインプットしておきましょう。

今回は「通勤時間編」として、午前6時~18時の時間帯におけるタクシーの稼ぎ方をご紹介します。日勤や隔日勤務で働くことを希望する方は、ぜひ参考になさってください。

 

通勤ラッシュを狙う(8:00~13:00)

朝は通勤ラッシュで駅周辺や駅までの道にタクシーを利用するお客様が多くいる時間帯です。東京都下の営業所から出発した場合は、都心のオフィス街へと出勤するお客様をピックアップできれば、効率よく都心へ入ることができます。

都心に着いたら、主要駅からオフィス街や空港に向かうお客様をピックアップします。日勤で働くドライバーにとっては、この時間帯が第一の「稼ぎどき」となるでしょう。

通勤ラッシュの時間帯が過ぎて午前11時以降になると、今度はお昼休憩を取るためにオフィス街からサラリーマンの方たちが外へ出てきます。「付け待ち」でお客様をピックアップするか、タイミングを見計らってお昼休憩にすると良いでしょう。

 

オフィス街や商業施設を中心に走る(13:00~18:00)

午後から取引先へ向かうサラリーマンの方をピックアップするために、オフィス街へとタクシーを走らせます。あるいは、ランチを終えたマダムや旅行客を狙って商業施設や高級ホテルを回るのも良いでしょう。この時間帯は比較的客足が緩やかになるため、夜からの第二の波に備えて休憩をとっておくのもおすすめです。

 

まとめ

通勤ラッシュ~帰宅ラッシュ前の時間帯の稼ぎ方について解説しました。時間帯によってお客様がタクシーを利用する目的や客単価が異なることがおわかりいただけたかと思います。

8:00~18:00までの時間帯のうち、もっとも忙しいのは通勤ラッシュの8~9時台です。ただし、稼ぎやすい時間帯は競合のタクシーも増えるため、ただタクシーを走らせるだけでなく、ひと工夫が必要となります。

時間帯ごとに売上目標を設定し、タクシーを利用するお客様の目線で「どこを回れば効率的に稼げるか」を徹底して考えることが大切です。

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用