当サイトのブログでもたびたび転職先としてのタクシードライバーの魅力をお伝えしてきましたが、決して良い面ばかりではないのは他の業界と同じです。

転職して後悔しないように、タクシードライバーになったときに苦労することもぜひ知っていただきたいと思います。

今回はタクシードライバーの大変な一面についてお伝えします。

 

勤務時間が長い

タクシードライバーの勤務形態には、日勤、夜勤、隔日勤務の3種類があり、とくに隔日勤務は「タクシードライバーの仕事は大変」を象徴するような働き方と言えるでしょう。

 

隔日勤務は出庫してから乗務、帰庫してから洗車まで、拘束時間が約21時間と長時間です。割増料金で大きく稼げる時間帯は深夜~早朝なので、前職で日中の勤務をしていた人にとっては慣れるまで大変かもしれません。ただし、実際に経験してみるとあっという間に時間は過ぎていきます。

 

慣れるまでは収入が不安定

タクシードライバーの収入の大部分は歩合給なので、大きく稼げる月もあれば、それほど稼げない月もあります。

乗務に慣れるまでは、収入が不安定で「どうすれば稼げるのだろうか」と不安になることもあるでしょう。

 

タクシー会社によっては、未経験のドライバーに稼ぐノウハウを教えているところもあります。稼ぐコツさえ掴んでしまえば、たとえ未経験者であっても大きく売上を伸ばすことができます。また、最初の3ヶ月~半年間は給与保障をつけているタクシー会社もあります。

当社では給与保障を付けていませんが、その代わり手厚い研修制度を付けているため、給与保障を付けなくても実際には保障する給与と同じかそれ以上稼ぐことができます。また給与保障がある場合は、保障が切れるまでに稼げる実力がついていないとなりません。当社では給与保障はありませんが、3ヶ月で稼げるように教育することの方が給与保障よりも大事だと考えています。

 

体が資本だから健康管理が重要

タクシーは長時間労働となるため、体への負担は少なくありません。ドライバーの健康管理は稼げるノウハウと同じくらい大切です。

 

稼げるタクシードライバーは、健康管理も一流です。長時間の隔日勤務でも休憩時間を上手く活用して営業時間内にメリハリを付けていますし、休日は暴飲暴食や夜更しなどをせず、翌日の仕事に向けてしっかりと体を休めています。

 

タクシードライバーは大変な仕事ですが、その大変さに見合う収入とやりがいが得られます。きちんとドライバーのサポートをしてくれるか、稼げるノウハウを教えてくれるか、転職の際のタクシー会社選びはとても重要です。

 

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用