今年も暑い日が続く季節がやってきました。

しかし、新型コロナウイルスの影響により、今年は少なからず「いつもの夏」とは違います。

タクシー業界に関して言えば、車内にはビニルシートが貼られ、ドライバーは常にマスクを装着しています。飛沫を防ぐために、車内での会話も控えるようにしなければなりません。

お客様に新しいルールをご理解いただく一方、タクシードライバーも新しい心構えが必要となります。

今回は今後のタクシードライバーに求められる「接客スキルの向上」についてお伝えします。

コロナショックによるタクシーの変化

今般の新型コロナウイルスにより、タクシー業界も大きな影響を受けました。

売上の減少、大量の解雇などはもちろん、現場のタクシーには運転席と後部座席にビニルシートが貼られたり、窓開けによる換気が行われたりと、目に見えて大きな変化がもたらされています。

東京ハイヤー・タクシー協会による「タクシーからの7つのお願い」には、

1. 乗車時のマスク着用のお願い
2. 新型コロナウイルスと類似の症状のある方のタクシー利用を控えていただく
3. 三密を避けるため、できる限り2名様でのご利用
4. 換気のための走行中の窓開け
5. 車内の会話をできる限りお控えいただく
6. ドアサービス・トランクサービスの一時休止
7. できる限り金銭トレー等による金銭の収受・キャッシュレス決済ご利用のお願い

とあり、当面の間は少なからず、お客様にご不便をかけるルールで運用せざるを得ません。

お客様に新しいルールをご理解いただくことも大事ですが、われわれタクシードライバーも、少しでもお客様にご不便をかけない「接客スキル」が求められるのではないでしょうか?

今後のタクシードライバーは「接客スキルの向上」が必須

新型コロナウイルス後、新しいルールの運用により、タクシードライバーにはいま以上の接客スキルが求められます。

タクシーをご利用になるお客様は、新型コロナウイルスについてあまり気にしない方、非常に気にする方などさまざまです。

「このタクシーはコロナウイルスへの対策がバッチリできていて、しかも快適な空間を提供してくれる」と評価していただくには、今後はドライバー自身の態度だけでなく、車内の環境に気を配ることが重要です。

新型コロナウイルスの感染拡大を助長しないための対策をしつつ、お客様に快適にお過ごしいただく接客を両立できるよう、接客について今一度かんがえていきましょう。

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用