タクシー乗務員が、交通ルールを守って運転することは当然ですが、もうひとつ守るべきルールに「営業エリア」があります。

 

エリア外営業は当のタクシー乗務員のみならず、勤めているタクシー会社にも罰則が課される重大なルール違反です。

 

今回は、タクシー乗務員が絶対に覚えて、守るべき営業エリアのルールを解説します。

 

タクシーの営業エリアは道路運送法で定められている

 

タクシーの営業エリアでの営業については、道路運送法の第20条で定められています。

 

(禁止行為)

第20条 一般旅客自動車運送事業者は、発地及び着地のいずれもがその営業区域外に存する旅客の運送(路線を定めて行うものを除く。)をしてはならない。

 

引用:https://bit.ly/2GhUckk

 

つまり、タクシーは乗車地か降車地かのどちらか一方が営業エリア内でなければならないということです。

 

乗車地と降車地がいずれも営業エリア内であれば問題ありません。

 

また、営業エリア内でお客様をお乗せして、目的地がエリア外となる場合と、営業エリア外でお客様を降ろし、戻る途中に営業エリアへ行くお客様をお乗せすることも可能です。

 

タクシーの営業エリアの乗降車ルールをまとめると、以下の表のようになります。

 

乗車地

降車地

営業可否

自社の営業エリア内

自社の営業エリア内

自社の営業エリア内

自社の営業エリア外

自社の営業エリア外

自社の営業エリア内

自社の営業エリア外

自社の営業エリア外

不可

 

東京都のタクシー営業エリア例

 

東京都の営業エリアは、以下の5区に分けられます。

 

東京特別区武三交通圏

23区全域・武蔵野市・三鷹市

北多摩交通圏

立川市・府中市・国立市・調布市・狛江市・小金井市・国分寺市・小平市・西東京市・昭島市・東大和市・武蔵村山市・東村山市・清瀬市・東久留米市

南多摩交通圏

八王子市・日野市・多摩市・稲城市・町田市

西多摩交通圏

青梅市・福生市・あきる野市・羽村市・瑞穂町・日の出町・奥多摩町・檜原村

島嶼区域

島嶼区域

 

たとえば、東京特別区武三交通圏のタクシーが、23区内でお客様を乗せて、北多摩交通圏の立川市で降ろしたり、北多摩交通圏の立川市から23区内へ戻る途中で国分寺市へ行きたいお客様を乗せたりすることもできます。

 

エリア外営業は乗務停止処分のおそれも

 

タクシー乗務員がエリア外営業を行っていたことが発覚すれば、最悪の場合、乗務員資格の停止や事業者の営業停止といった処分が下されるおそれもあります。

 

ペナルティーが課されないためにも、営業エリア外でお客様を降ろしたら、「回送」にして戻るようにしましょう。

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用