タクシー業界は基本的に「歩合制」が採用されており、以下の3つの給与体系に分けられています。

 

A型賃金・・・固定給+歩合給+賞与

B型賃金・・・完全歩合給

AB型賃金・・・固定給+歩合給+賞与

 

このうち、現在のタクシー会社のなかでもっとも多く採用されているのが「AB型賃金」です。弊社太洋モータースでもAB型賃金を採用しています。

 

今回はAB型賃金のメリットと注意点について解説します。

 

AB型賃金とは

 

AB型賃金は、固定給+歩合給+賞与で構成される給与体系です。

 

固定給と営業売上に一定の歩合率をかけた歩合給を合算し、さらに営業売上の数%が賞与として毎月積み立てられます。

 

歩合率はタクシー会社によって異なりますが、60%前後が相場です。

 

たとえば、歩合率62%、月60万円の営業売上、毎月の積み立てが営業売上の8%の場合で考えてみましょう。

 

毎月の給与は、60万円×(62%-8%)=32万4,000円となり、60万円×8%=4.8万円が賞与の積立分にあてられます。

 

AB型賃金のメリット

 

AB型賃金は、固定給の安定性に加え、頑張った分だけ給与に反映される歩合給のメリットを兼ね備えています。

 

固定給があるため、1ヶ月の売上が芳しくない場合でも一定の給与は保証されます。

 

歩合給は頑張ったら頑張った分だけ給与と賞与が上がるため、新人のドライバーでも早期に大きく稼ぐことが可能です。

 

さらに、売上の一部が賞与として積み立てられるため、将来のマネープランを立てやすいというメリットもあります。

 

AB型賃金の注意点

 

AB型賃金はタクシー会社によって実態が異なり、A型賃金に近い固定給の割合が大きい場合もあれば、B型賃金に近い歩合給の割合が多い場合もあります。もちろん、歩合率もタクシー会社によってまちまちです。

 

求人情報やタクシー会社のホームページだけでは、AB型賃金の詳細まではわかりません。

 

ミスマッチを回避するためにも、転職や就職を検討するときは、給与体系の中身についてしっかり確認するようにしましょう。

 

まとめ

 

タクシー会社への就職・転職において、給与体系はライフプランに直結するため、とくに慎重に選ぶ必要があります。

 

同じAB型賃金でも、タクシー会社によって歩合率や賞与の積み立て率などは異なります。

 

タクシー会社選びの際には給与体系についてしっかりと確認したうえで、自身が希望する働き方に合致するかどうかを見極めましょう。