タクシードライバーは男性の仕事というイメージがありましたが、近年では女性のドライバーも増加傾向にあります。

 

またタクシー各社も女性を積極的に採用しようと、女性向け設備を充実させたり、保育園を併設したりするといった取り組みを実施しています。

 

今回は、女性のタクシードライバーが活躍できるタクシー会社を選ぶポイントを見ていきましょう。

 

女性が働きやすい勤務形態があるか|ポイント1

 

タクシードライバーの勤務形態は、1回の勤務で2日分の仕事をする「隔日勤務」が主流です。

 

しかし、家事や育児などと並行して働きたい女性にとって、拘束時間の長い隔日勤務は働きづらい勤務形態と言わざるを得ません。

 

そこで、朝から夕方までを勤務時間とする「昼日勤」を取り入れるタクシー会社も増えています。

 

昼日勤であれば、時間的制約のある女性でも働きやすい勤務形態と言えるでしょう。

 

女性が活用しやすい福利厚生があるか|ポイント2

 

ひと昔前は男性社会であったタクシー業界でも、女性が働きやすい職場環境を整える取り組みが進んでいます。

 

タクシー会社を選ぶときは、以下に挙げる福利厚生があるかどうかも確認しましょう。

 

  • 産休・育児休暇
  • 託児所や保育所などの整備
  • 女性専用の更衣室や仮眠室

 

女性向けの福利厚生面が充実しているタクシー会社は、女性が働きやすい環境を整え、また女性の採用に向けて意識を変えていると見ることができます。

 

女性が活躍できるサービスはあるか|ポイント3

 

タクシー会社への就職・転職では、女性が自身の知識や技能を使って活躍できるサービスがあるかどうかもチェックポイントの1つです。

 

たとえば、通院やお買い物の送迎、ご両親に代わってお子さんの送迎など、女性が活躍できるサービス次々と登場しています。

 

お客様が女性の場合、「女性のドライバーの方が男性よりも安心できる」という方が少なくありません。

 

このような声が増えてきたことからも、男性と違った女性ならではのきめ細やかなサービスやホスピタリティが求められています。

 

まとめ

 

女性がタクシー会社を選ぶときに注目したいポイントを解説しました。

 

太洋モータースでは、地域アテンダントドライバーとして女性乗務員を積極的に採用しています。

田園調布周辺の高齢者やお子さんの習い事の送迎など、地域住民のお客様の足として女性ならではのホスピタリティを発揮できる仕事です。

タクシー会社への就職・転職をご検討の方は、ぜひ当社にご相談ください。