乗務員としてタクシー会社への就職・転職を検討している方は、「優良タクシー運転手」を目指しましょう。

 

優良タクシー運転手を簡単に言えば、一般的なタクシー運転手の模範となるような優秀な運転手を指します。

 

今回は優良タクシー運転手が普通の運転手とどこが違うのか、認定される方法やメリットについて解説します。

優良タクシー運転手になるには?

優良タクシー運転手とは、「優良運転者証」を取得した運転手のことです。各地域のタクシーセンターが、道路運送法等に違反がなく、接客・マナーが良好な運転手を認定します。

 

優良タクシー運転手に認定されるための条件は、以下のとおりです。

 

  1. 5年間無事故・無違反である
  2. 優良事業者として認定されている会社に就職している

 

いずれかの条件を満たしていれば、優良タクシー運転手として認定されます。なお、2の優良事業者に認定されているタクシー会社に就職すれば、所定の研修を受けた後すぐに優良ドライバーとして勤務できます。

 

優良タクシー運転手に認定されると、優良表示証が交付されます。

 

優良タクシー運転手になるメリット

優良タクシー運転手の最大のメリットは、「優良タクシー乗り場」が利用できるようになることです。優良タクシー乗り場は文字どおり、優良タクシー運転手のみが待機できるタクシー乗り場を指します。

 

優良か優良でないかでタクシー料金じたいは変わらないため、タクシー利用客は当然ながら優良なタクシー運転手のほうを選ぶ傾向にあります。したがって、優良タクシー運転手になれば、営業や売上の面でも有利になります。

 

他にも、タクシーのダッシュボードに優良表示性を掲出したり、タクシーの行灯に1~3つ星を掲出したりすることが可能です。これにより、タクシー待ちの利用客に優良タクシー運転手の車両であることをアピールできます。

 

まとめ

優良タクシー運転手になる方法や、得られるメリットについて解説しました。

 

弊社太洋モータースは、東京都認定の優良ランク法人事業者です。未経験でタクシー運転手にチャレンジされる方にも安心の研修制度を完備しています。そのため、実際の乗務に活かせる知識やノウハウが得られます。

 

タクシー会社への就職・転職をご検討の方は、ぜひ太洋モータースにご相談ください。