タクシードライバーの年収は、全国平均でおよそ330万円です。

 

月収50万年を超えると、いわゆる「稼ぐドライバー」として認知されるようになります。

 

今回は月収50万円の壁を突破するために、押さえておきたい3つのポイントを解説します。

 

稼げる営業エリアで勤務する|ポイント1

 

月収50万円の壁を突破するための基本中の基本は、稼げる営業エリアに勤務することです。

 

東京都23区、神奈川県、千葉県など首都圏内はそもそものタクシー利用者が多く、月収50万円超のタクシードライバーも珍しくありません。

 

一方、マイカー通勤が主流で繁華街も少ないようなエリアでは、タクシーを利用者はいても大きな売上を稼ぐことはできないでしょう。

 

タクシー需要の高いエリアではタクシーの台数、タクシー会社の規模も大きく、労働条件も高待遇となる傾向にあります。

 

稼げるノウハウがあるタクシー会社に就職する|ポイント2

 

月収50万円の壁を越え、高収入を得ているタクシードライバーは、常に効率的に稼ぐノウハウを研究・実践しています。

 

しかし、これを自己流で身につけることは、ベテランのドライバーであっても至難の業です。

 

本当に稼げるタクシードライバーは、「社員に稼がせている」会社に勤務しています。

 

つまり、会社自体がタクシーで稼ぐためのノウハウをまとめ、研修や講習の形で乗務員に伝えているのです。

 

稼げるノウハウがしっかり伝えられているタクシー会社で勤務すれば、最短半年~1年で月収50万円超えも難しくありません。

 

稼いでいる先輩ドライバーに聞く|ポイント3

 

稼げるエリア、稼げるノウハウにプラスして、稼いでいる先輩ドライバーにコツを教わることも大切です。

 

いつ・どこに行けば稼ぎやすいか、営業エリア内の乗客の特徴は何か、マニュアルだけでは学べないコツを教わることができます。

 

むしろ稼いでいる先輩がコツを秘密にする、そもそもコミュニケーションが取りづらい会社は、稼げる環境が整っていません。

 

会社内での職場環境や風通しも、月収50万円の壁を突破するために大切な要素です。

 

まとめ

 

タクシーで月収50万円の壁を突破することは簡単ではありません。

 

しかし、稼げる環境とノウハウがあれば、誰でもそのステージに立てる可能性があります。

 

その第一歩が、タクシー会社選びです。

 

太洋モータースでは、先輩ドライバーから「生きた稼げるノウハウ」が学べる研修制度を整えています。タクシー会社への就職・転職のご相談はぜひ太洋モータースにお問い合わせください。