タクシー業界やトラック業界などでは、運転手不足が話題となることも少なくありません。それだけ人手不足に悩まされていることから、逆に言えばタクシードライバーは正社員を狙いたい方には最適とも言えます。

 

ここでは、タクシードライバーが不足している理由や、人手不足解消手段について解説します。

 

タクシー業界が運転手不足な理由

知っている方も多いかもしれませんが、タクシー業界はかなりのドライバー不足に悩まされています。その主な理由は、「ドライバーの高齢化」が挙げられます。

 

バブル期を支えた世代が定年を迎えた一方で、それを補うための人手を十分に確保できなかったことが原因となります。令和1年から令和3年までの2年間で、タクシードライバーが約4万人減少したとも言われているほどです。

 

ドライバーの高齢化に加えて、この2年間はコロナの影響もかなりありました。

そのこともあって、タクシー業界でも人手不足、ドライバー不足に悩まされているのが実情です。

 

ドライバー不足の解消手段

タクシー業界ではドライバー不足が指摘されていますが、もちろんドライバー不足を解消するために対策を講じています。

ドライバー不足の解消手段は、以下の2つとなります。

 

年齢制限の引き上げ

タクシードライバーの定年を65歳までとしている会社が多かったのですが、今後は80歳まで働けるようになったのです。太洋モータース(当社)も65歳で定年となりますが、そのうち約90%の方が再雇用を選択し、定年退職後シニアドライバーとして活躍しています。

 

勤務時間の融通を利かせる

タクシードライバーと言えば、勤務時間が長いというイメージがあるかもしれません。

ですが、これからは隔日勤務だけでなく昼日勤や夜日勤などを採用するタクシー会社が増えることが予想されるため、勤務時間の融通を利かし働きやすくなるでしょう。

 

 

正社員として働けるタクシードライバー

ドライバーの高齢化が問題視されていますが、実は若い方がタクシードライバーになるケースも増えているのです。働き方の幅が広がり、隔日勤務のみならず、昼日勤や夜日勤を採用するタクシー会社が増えたことも理由となります。

 

太洋モータース(当社)でも昼日勤を採用しているため、日中に働きたい方に最適です。

当社は「シニアドライバー」の採用や、「地域アテンダントドライバー」の採用も行っています。

 

これにより、女性の方の応募も増えています。女性のソフトな接客を求めるお客様は多く、女性ドライバーの需要が高まっているのです。そのため、正社員を狙いたい女性の方にもタクシードライバーはマッチしているのではないでしょうか。

 

 

まとめ

タクシー業界がドライバー不足の理由や解消手段について解説しましたが、人手不足だからこそ正社員として採用されやすいとも言えます。

 

ですから、正社員として働きたい方であれば、タクシードライバーは最適ではないでしょうか。女性の需要が増えており、女性のタクシードライバーの活躍も目立つようになっているのです。

 

 

 

 


太洋モータースはチェッカーキャブグループ(都内)のタクシー会社です。
当社ではタクシードライバー募集しています。

✅採用サイト

✅採キャリアアッププログラム

✅採新人研修プログラム