タクシードライバーは、他の業界よりも採用されやすいと言えます。それは、人手不足の影響が大きいです。

ここでは、タクシードライバーが採用されやすい理由や、なぜ人手不足なのかを解説します。

タクシー業界は人手不足

タクシードライバーが他の業界よりも採用されやすいのは、人手不足が主な理由です。タクシー業界、運送業界、建設業界などは高齢化が進み、若手の数が決して多いとは言えません。

ですので、慢性的に人手不足なのです。厚生労働省によれば、2022年12月の自動車運転の職業における有効求人倍率は2.65倍となっています。 これは、全職種平均の1.35倍と比べれば2倍近い数字です。

売り手市場であり、タクシー会社が人員確保するのが難しくなっています。それでも、タクシー会社はさまざまな努力や独自のシステムを採用し、応募者を増やそうとしています。

タクシー業界は給料が安く大変というイメージを持たれている!?

一般的には、タクシー業界は給料が安く仕事も大変というイメージがあるようです。そのため応募者がなかなか増えないのも実情としてあるのです。

しかし、夜日勤だけでなく、昼日勤やパート従業員枠を増やし、女性の方も働きやすくする努力をしているタクシー会社も多くあります。

当社でも、昼日勤やシニアタクシードライバー枠を作り、誰もが働きやすいようにしています。これにより、女性の方や高齢者の方が短い時間でも効率的に働くことが可能です。

定年後も働くことができる

シニアタクシードライバーとして働くことで、定年後も収入を確保できます。当社では、定年を迎えたシニア世代の方々がその後も会社に残って頑張っています。

当社は65歳で定年となるのですが、そのまま離職するのはまれであり、約90%の方が再雇用を選択しているのです。つまり、それだけ働きやすい環境ということです。

年金で足りない部分は、タクシードライバーの仕事で賄うのも良いのではないでしょうか。個人のライフプランに合わせながら働けるため、かなり自由度が高いのです。

まとめ

タクシー業界は慢性的な人手不足ですが、それでも多くのタクシー会社が応募者を増やすためにさまざまな努力をしています。当社でも、女性や高齢者の方が働きやすいように昼日勤やシニアドライバー枠を設けているため、安心して働けます。

タクシー業界は他の業界に比べて有効求人倍率が高く採用されやすいため、転職希望者にも最適と言えるでしょう。


太洋モータースはチェッカーキャブグループ(都内)のタクシー会社です。
当社ではタクシードライバー募集しています。

✅採用サイト

✅採キャリアアッププログラム

✅採新人研修プログラム