タクシードライバーの給料は、実は都内と地方で差があります。当然、同じタクシードライバーとして勤務するならば、稼ぎやすいエリアで働くほうが良いはずです。

ここでは、都内のタクシードライバーの給料について解説します。

都内と地方では給料に違いがある

求人ボックス 給料ナビ」によると、東京都のタクシー運転手の平均年収は389万円となっています。これは全国で10位となっており、47都道府県の中では稼ぎやすい部類です。ちなみに、1位は岐阜県の455万円となっています。

都内の389万円という数字は、タクシー運転手全体の平均年収379万円と比べれば高い傾向です。月給に換算すれば、32万円ほど。都内で平均年収が最も高いエリアが荒川区の504万円、次いで練馬区の490万円、港区の489万円となります。

ですから、これらのエリアで働くことで、タクシードライバーとして安定した収入を得やすいことがわかります。当社がある大田区は447万円となっており、それだけ稼ぎやすいエリアです。ただし、スキルや経験などによって大きく変わる可能性があります。

稼げるドライバーになるためには接客スキルを上げることが大切

明るい挨拶で丁寧な接客ができれば、お客様からの信頼度が増してリピートにつながります。稼げないタクシードライバーの場合、接客スキルが不十分なことが多いです。

当然ですが、乱暴な運転な横柄な態度で接客されれば、二度と乗車したくなくなります。そればかりか、クレームが入る可能性が高いでしょう。

そうならないためにも、まずは接客スキルを高めることが大切です。稼げるドライバーというのは、運転も接客も一流なのです。

当社は教育制度がしっかり整っている

当社では現役ドライバーが6カ月間新人教育を行っており、教育制度がしっかりと整っています。そのため、この期間に接客スキルを高めることができ、どうすれば一流のタクシードライバーとして活躍できるかを学べます。

タクシードライバーとして働く場合、当たり前ですが給料が高いほうが良いです。稼げなければモチベーションが落ち、意欲が低下してしまいます。

そうなれば、接客の質も落ちてしまいます。これを防ぐために当社は新人研修教に力を入れ、優秀なドライバーになれるように指導しています。ですから、仕事の不安を解消しやすいです。

まとめ

タクシードライバーとして働く場合、都内は稼ぎやすい傾向があります。当社のある大田区も稼ぎやすいエリアであるため、勤務場所として最適です。

当社で研修を受けることで、稼げるタクシードライバーを目指すことができます。


太洋モータースはチェッカーキャブグループ(都内)のタクシー会社です。
当社ではタクシードライバー募集しています。

✅採用サイト

✅採キャリアアッププログラム

✅採新人研修プログラム