タクシーで有料の通訳案内サービスを2015年度から解禁

タクシーで有料の通訳案内サービスを2015年度から解禁

政府は、日本を訪れる外国人がタクシーやバスを使いやすくなるよう制度・環境を整えることを決定。

国が指定する特区で、タクシー運転手による有料の通訳案内サービスを2015年度から解禁する。

政府は東京五輪のある20年をメドに訪日外国人数を2千万人に倍増する目標を掲げていることから、英語に対応できるタクシーを整備する方針。

外国語対応が可能なタクシーの優先乗り場も羽田空港などにつくるようです。

訪日外国人2000万人

日経新聞参照

2014-08-25T15:00:18+00:00