タクシードライバーに向いている人とは?(地理編)

タクシードライバーに向いている人とは?(地理編)

Pocket

タクシードライバーの仕事は、営業地域の地理の知識に加え、施設名や交差点名などの名称を覚えることが必須となります。

或る程度、都内の地理が詳しい方であれば早く道順を覚えることができ、即営業ができることと思いますが、ほとんどの方は、都内の地理が全く分からくてもタクシードライバーに挑戦し、稼いでいる方もいらっしゃいます。

それは、2種免許を取得する際に、地理試験をパスする必要があり、その段階で都内の地理や施設名、道順を覚えるからです。

また、当社でも全社にカーナビを搭載していますが、カーナビを使いこなすことで、お客様を目的地まで、お送りすることは容易です。

しかし、稼いでいるドライバーさんも、最初はみんなお客様に道順を聞くことから始めています。

きちんと丁寧に接客し、道順を聞くことができれば、たいてい教えてくださいます。

当社であれば、入社後の6か月研修がありますので、ベテラン乗務員のタクシー営業のノウハウや知識を吸収することができます。
最終的には、本人次第となりますが、3ヶ月でトップクラスの売上を上げる新人さんもおります。

 

Pocket

2015-11-20T01:01:29+00:00