2020年 東京五輪にワゴン型タクシーが普及するかも

2020年 東京五輪にワゴン型タクシーが普及するかも

国内のタクシー車両は約25万台で、そのほとんどがセダン「セドリック」。

タクシー車両を販売する日産やトヨタも、ワゴン型を次世代タクシーと位置づけていますが、

タクシーのワゴン化には、少子高齢化と外国人観光客の増加で、

「大人数で荷物と一緒に移動し乗り降りのしやすさを求めるニーズ」の高まりが背景にあります。

特に2020年の東京五輪開催時やそれまでの期間に外国人観光客の増加が見込まれるため、

オリンピックを機に、日本のタクシーがセダンからワゴンへの切り替えが進むかもしれませんね。

 

採用サイト

 

2015-08-10T00:28:34+00:00