タクシードライバーに向いている人とは?(前提条件編)

タクシードライバーに向いている人とは?(前提条件編)

タクシードライバーに向いている人とは、具体的にどのような方でしょうか。

優秀な成績を上げ稼ぐことが目的であれば、必須条件はさらに上がっていきますが、
まず前提として、次の2点は外せないのではないでしょうか。

 

1、車の運転が好きなこと
2、人とのコミュニケーションが好きなこと。
1、車の運転が好きなこと
タクシーの隔日勤務は24時間働いて、1~3日休むという特殊な仕事です。
約月12回、年間124回の乗務がありますので、車好きな方が第一条件となります。
当社でも応募してくる方のほとんどが車の運転が好きという方です。
2、人とのコミュニケーションが好きなこと。
タクシードライバーは運送業とサービス業を兼ねた仕事と言えます。
接客に始まり、接客に終わるからです。
ただ、色々お客様がいらっしゃるので、すべてのお客様に話掛け場を盛り上げる必要はありません。ビジネスマンの方で資料をチェックしているのに話掛けること自体失礼となります。
あくまでもお客様の状況を理解し、柔軟に対応できるドライバーが接客においては優秀なドライバーと言えます。

 

採用サイト

2015-08-15T15:18:03+00:00