2018年 渋滞情報をスマートフォンアプリに配信

2018年 渋滞情報をスマートフォンアプリに配信

Pocket

画像:http://monoist.atmarkit.co.jp

トヨタ自動車と全国ハイヤー・タクシー連合会が2017年4月から進めている【車線ごとの渋滞情報をスマートフォン用のナビゲーションアプリに配信】するサービスが2018年春から始まる。

このサービスは、東京都内の約500台のタクシーに装着した通信型ドライブレコーダー「TransLog」から走行中の画像や車両データを地図上に反映させて人工知能(AI)で解析した結果をナビゲーションアプリに車線単位での混雑状況として配信。

さらに今後は、道路工事での車線規制や、道路に面した駐車場の満空情報も抽出できるよう、開発してくそうです。

タクシーから収集される交通情報というビッグデータが、快適な交通インフラを変えていくことが期待できますね。例えば、データを利用して信号機の切り替えタイミングを、コントロールして渋滞解消を促すとか。。

 

タクシードライバーで 『働き方変革』

 

Pocket

2017-11-06T21:01:17+00:00