日本発のタクシーは明治時代に始まる

日本発のタクシーは明治時代に始まる

Pocket

タクシーの歴史はかなり古く明治時代に東京の麹町で創業されたのが初めてだれと言われています。

この当時はわずか5台しか走っていなく、タクシー運転手はかなりの高給取りだったといいます。

太平洋戦争中には、大阪でもタクシーの創業が始まり大阪市内ならどこでも1円で運転されると言うキャッチフレーズで円タクシーと呼ばれ、それが関東でも根付きタクシー協会が制定されそれに基づき国土交通省の認可を受ける今現在の仕組みになっているのがタクシーの歴史といえます。

また日本のタクシーに関しては非常に良心的だと言えます。

それは、日本では当たり前の「メーターで一律の料金設定」が、しっかりと運用されているからです。

東南アジアなど、海外ではメーターそのものがないタクシーも非常に多く、運賃も値段交渉が必ず入ることもあり、観光客はぼったくりに合うというには、よく聞く話だと思います。

また、タクシーのサービスの質も非常に高く、かつ身だしなみもきちんとしていることから、「世界の人気都市ランキング」の要素に、「運転手は親切だった」で1位(2012年)にあげられることから東京のタクシーの質が、観光客に東京が好印象を与える大きな要素になっているようです。

http://tg.tripadvisor.jp/survey/cities_survey2012.pdf

 

タクシードライバーで 『働き方変革』

Pocket

2017-11-06T21:33:38+00:00