タクシーとAI先進技術、無人タクシーの実現も近い?

タクシーとAI先進技術、無人タクシーの実現も近い?

Pocket

引用:http://tk.ismcdn.jp/mwimgs/

Apple社のスマートフォンiPhoneのAI(人工知能)アプリ「Siri」や大手通販サイトAmazonのスマートスピーカー「Echo」など、わたしたちの生活の身近なところにAIは浸透してきています。

それはタクシーとて同じ。すでに今年の2月からは、商用サービスとしての「AIタクシー」が街中を走っています。

AIタクシーと聞くと、人工知能を搭載した無人のタクシーが自動運転で乗客を運ぶサービスをイメージされるのではないでしょうか。

そのような無人タクシーのサービスはまだ実現していませんが、さまざまなビッグデータを活用した「少し未来の乗車需要の予測」はすでに実用化されています。

乗車需要の予測とは?

「今日はプレミアムフライデーだから駅前の商店街に見込み客が多いだろう」

「ライブ会場でイベントがあるから、駅から会場までの若者の乗車率が上がるだろう」

タクシードライバーの経験や勘に頼っていた乗車需要。これがAIタクシーになると、天候や電車遅延などのさまざまなデータから、500m四方のエリアごとの30分先までの乗車台数を予測。どのエリアに需要が集中するか、どのエリアは乗車台数0か、などの効率的な運行が実現可能なのです。

すでに2018年の2月15日にはNTTドコモがAIタクシーの実証実験を終え、東京23区、武蔵野市、三鷹市、さらには愛知県名古屋市のタクシー会社が車両に導入、順次運行が開始されています。

とくに土地勘がまだない新人ドライバーには好評のようで、AIがタクシードライバーの職業訓練や技能開発にも活用できそうですね。

無人タクシーの実用化は2020年から

まだ実用化には至っていませんが、完全自動運転の無人タクシーも着々と実用化に向けて準備が進められています。

横浜市のみなとみらいでは2018年3月より300組の一般モニターを対象に、DeNAと日産自動車が共同で開発している無人タクシー「Easy Ride」の実証実験がおこなわれる予定となっています。

Easy Rideはスマホアプリで呼び出したり、AIに周辺のオススメ情報を聞いたりと、タクシーの運転手をAIに置き換えたサービスと言えます。

2020年は東京オリンピックの開催を控えています。この実証実験で得られたデータから、さらに無人タクシー実用化に向けて改良されてしていくことでしょう。

AIタクシーや無人タクシーなど、タクシー業界は新たな局面を迎えています。

当社太洋モータースは、新卒の方の応募をお待ちしています。タクシードライバーに興味をお持ちの方、運転が好きだという方、ぜひ当社にお問い合わせください!

 

 

Pocket

2018-03-03T00:07:25+00:00

当社の特徴

採用情報