タクシードライバーの仕事は、「やった分だけ稼げる」という強みがある反面、そこにお客様の需要がなければ成り立ちません。

タクシー業界は、今般の新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けています。

ドライバーの中にも「コロナの前と比べて明らかに売上が落ちた」「このままではやっていけないのでは……」という声も出始めていますが、一方で、この状況下でもしっかりと売上を確保しているドライバーもいます。

今回は、タクシードライバーが苦難を乗り越えるために大切なことについてお伝えします。

現在のタクシー業界の状況

とくに、国内で感染が拡大をはじめた2020年4月からは、法人、個人に限らず、業界全体的にタクシーの売上は前年比で5割以上落ち込んでいる状況です。

この規模での落ち込みは東日本大震災のとき以上ですが、タクシーの需要がまったくないわけではありません。

バスや電車などの公共交通機関は、一時期より乗車率が減少したとはいえ、まだまだ混み合うことが多く、いわゆる「三密」の状態を懸念する声も挙がっています

一方で、タクシーは公共交通機関に比べてコストこそかかるものの、換気の徹底、非接触の徹底、除菌の徹底など、タクシー会社やドライバーの裁量で対策が講じられるため、利用者の中に「タクシーのほうがかえって安全」という認識が広がりつつあります。

厳しい状況下でも売上を上げるためには

現在のような大変な状況下で、売上が伸びないことを嘆く声もあれば、「こういうときだからこそ」と奮起して、平時と変わらない売上を上げているドライバーもいます。

現状を「非常事態」や「未曾有」とする報道もあるように、新型コロナウイルス影響下では、タクシードライバーも営業や乗務について、「平時」とは違った工夫をする必要があります。

たとえば、いつもなら「稼げる」ルートを変えてみたり、いつもとは違った営業方法を試行錯誤したりすることです。

何よりも大事なのは、気持ちを切り替えること。「どうせ人がいないんだから、稼げるわけがない」という心構えでは、売上が下がっていくのを、ただ指をくわえて見ているしかありません。

大変な時期だからこそ、気持ちを前向きに、事態が収束したときに大きく跳ね上がれるように、今こそ普段の営業方法や心構えを振り返り、改善できるところは改善を重ねていきましょう。

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用