タクシーチケットとは、契約した法人や個人に対して発行され、利用者のタクシー乗車料金を後払いにできるチケットのことで、「タク券」や「タッ券」とも呼ばれています。

タクシー運転手に就職・転職して乗務を始めると、タクシーチケットを利用されるお客様をお乗せする機会もあります。

では、そのタクシーチケットとは、どのような仕組みで、運転手にとってどのようなメリットがあるのでしょうか?

今回は、タクシーチケットの売上につながる仕組みやメリット・デメリットについて解説します。

タクシーチケットとは

タクシーチケットは、大きく分けて「一括後払い方式」と「プリペイド方式」の2種類があります。

一括後払い方式とは、乗車料金を精算するときに運転手にチケットを渡すと、後日、契約企業にまとめて請求する仕組みです。

一方のプリペイド方式は、「1,000円」や「10,000円」といった金額で発券されるもので、タクシーの乗車料金をプリペイドカードで支払うような使い方ができます。

現在はプリペイド方式の発行元が少なくなっており、「タクシーチケット」というときは、一括後払い方式を指すことがほとんどです。

また、タクシーチケットにはタクシー会社が発行しているタイプとクレジットカード会社が発行しているタイプがあります。

前者は発行元のタクシーか提携している会社のタクシーで使うことができ、後者はカード会社のクレジットカードが使えるタクシーで使うことができます。

タクシーチケットのメリット

お客様側は、タクシーチケットをタクシーの乗車料金の支払いの手段のひとつとして持つことで、現金がなくてもタクシーを利用でき、また、お得意様に現金を用意させる必要がありません。

後払いを利用できるタクシーチケットを持っていれば、お客様がタクシーを利用する機会も増えるでしょう。

一方で、タクシー会社側は、タクシーチケットを利用するお客様を乗せる機会が多くなるため、営業の機会も増えることになります。

とくに大手4社と呼ばれるタクシー会社は、「4社共通タクシーチケット」という大手専用のタクシーチケットを多くの法人に対して発行しているため、より大きな恩恵を受けることができます。

たとえば、タクシー大手4社の一角である日本交通は、花王やトヨタなど日本を代表する全国役10,000社と法人チケットを契約しています。

「4社共通タクシーチケット」を持っているお客様は、他のタクシー会社の車両がいたとしても、必ず大手4社のタクシーを選ぶため、これほど売上に貢献する武器もないということです。

タクシーチケットのデメリット

お客様がタクシーチケットを使用すると、仲介業者に支払う手数料が発生します。

その費用分はタクシーの売上から差し引かれるため、タクシーチケットでの売上は、歩合率が若干低めに設定されます。

まとめ

タクシーチケットが売上につながる仕組みや、タクシー運転手が受けるメリット・デメリットについて解説しました。

太洋モータースは、チェッカーキャブ無線グループに加盟しており、大手企業など300社以上のタクシーチケットが利用でき、売上アップに有利です。

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用