タクシー業界は慢性的な人手不足の状況にあり、新卒・中卒を問わずタクシー運転手を募集しています。

 

しかし、タクシー運転手は「お客様を安全に目的地までお送りする」という責任のある仕事です。だれでも簡単に転職できるわけではありません。

 

今回はタクシー運転手への転職が決まらない理由や、転職を有利にすすめるコツを解説します。

 

タクシー運転手への転職で不利に働く要素

 

以下に挙げる要素があると、タクシーの転職で不利になります。

 

違反や事故歴がある

 

タクシー運転手は、お客様を目的地まで安全にお送りする技術を持っていることが大前提です。自分で車を運転する場合は自己責任となりますが、タクシー運転手が危険な運転をすると、お客様やタクシー会社に損害を与えることになります。

 

そのため、過去に事故や違反がある人は、無事故無違反の人に比べて不利になってしまいます。

 

コミュニケーション能力が著しく低い

 

運転技術と並んでタクシー運転手に求められる要素が、コミュニケーション能力です。ここで言うコミュニケーション能力は、話が上手いとかユーモアがあるといったことよりも、お客様が快適に過ごせる時間と空間を提供できることが重視されます。

 

お客様の状況を見て、いま運転手にどのような行動が求められているか、瞬時に判断できる能力が求められます。

 

地理試験に合格できない

 

東京都23区、武蔵野、三鷹エリアで営業するためには、地理試験の合格が必須となります。地理試験は道路の名前、地名、有名な建造物の名前、公園、各名所などが出題され、合格率は50%程度と決して簡単な試験ではありません。

 

東京タクシーセンターが販売している 『タクシー運転 者地理試験問題例集』を購入し、集中的に試験勉強に取り組みましょう。

 

タクシー運転手への転職を有利にすすめるコツ

 

タクシー運転手への転職を有利にすすめるためのポイントをご紹介します。

 

タクシー運転手としての適正を高める

 

未経験からタクシー運転手への転職を目指す方は、普段から安全運転を意識する、地理を覚える、規則正しい生活習慣と食生活を心がけるなど、タクシー運転手としての適正を高める努力をしましょう。

 

面接の時に普段の生活から安全運転や生活習慣を意識していることをアピールすれば、面接官に与える印象も良くなります。」

 

「なぜその会社なのか」の志望動機を明確にする

 

タクシー運転手への転職に限った話ではありませんが、志望動機は面接時とくに重視されます。「運転が好きだから」「稼ぎたいから」といった、どのタクシー会社にも言えることを志望動機としても、面接で有利に働くことはありません。

 

転職を目指すタクシー会社を徹底的に企業調査して、他社との違いや強みを明確にして、自身の志望動機に落とし込むことが大切です。

 

まとめ

 

弊社のブログでは、タクシー運転手への転職を目指す方へのアドバイスや採用の可能性を高めるコツなどを解説しています。ぜひこちらもご参照ください。

 

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用