タクシー会社の採用試験には何より「面接」が重視されます。

タクシーは運送業である前にお客様へのサービスが重要な接客業ですので、応募者の人柄や適正は面接で見極められます。

したがって、タクシー会社に「採用」をもらうためには、面接で自分の魅力と実力を十分にアピールできるだけの事前準備が重要です。

そこで今回は、タクシー会社の面接の対処法として、面接でよくある質問とその意図についてお伝えします。

よくある質問①「志望動機」

志望動機の質問意図は、以下のようなことが挙げられます。

  • 数ある会社の中から自社を選んだ理由を知る
  • 応募者の人柄や意欲の確認
  • 自社のニーズとマッチしているか

数ある会社の中から自社を選んだ理由を聞くことで、求人情報を正しく理解したか、企業研究をしっかりしているかがわかります。また、どのタクシー会社にも求める人材像があるため、企業のニーズと、応募者のスキルや人柄が一致していることが重要です。

よくある質問②「前職を退職した理由」

自分の意志で会社を辞めた場合、その多くが給与やキャリア、人間関係などに悩んだ末での選択であるはずです。

面接官はその理由を聞くことで、応募者の適応能力やストレス耐性、キャリアに対する考え方などを知ろうとします。

また、前職がタクシーと全く関係のない職業であれば、なぜタクシー業界を選んだかも併せて聞かれます。

未経験者の場合はタクシードライバーの仕事にどんな魅力を感じたか、どれだけやる気があるかをアピールすることが大切です

よくある質問③「長所と短所」

自己分析がしっかりできているか、応募者の人柄が自社のニーズに合致しているかを確認する質問です。

長所も短所も、自身の経験から具体的なエピソードで説明すると、面接官に伝わりやすくなります。

ただし、短所はネガティブな話題に陥りがちなので、短所を補うためにどのような努力をしているか、改善点はあったかを説明すると良いでしょう。

よくある質問④「今までで最も苦労したこと、乗り越えた方法」

この質問では、何か困難なことが起きたときに、どのように対処するか、乗り越えることができるかを確認します。

ポイントは、「困難なこと」の難易度ではなく、どうやって克服したかを具体的なエピソードを交えて説明することです。

問題の分析から具体的な解決策のアイデア、対処の結果などを具体的に説明し、なおかつ会社が求める人物像に沿った回答になっているかも大切です。

 

 

個別会社説明会開催中

太洋モータースでは、個別説明会を希望者1名から随時開催致しております。

正式に応募する前に、気になる待遇面・入社後のサポート面や会社の雰囲気など、個別の質問に対応させて頂けます。



タクシードライバーへの転職をお考えの方へ

太洋モータースはドライバー単位でトップクラスの平均売上を上げているのですが、その理由や当社がドライバーの教育に力を入れている理由など、これから未経験でタクシードライバーを始める方向けにタクシー会社の選び方マニュアルとして公開していますので、ご興味がありましたらダウンロードしてご覧下さい。


タクシー会社選び方マニュアルタクシー転職マニュアル

これから未経験でタクシードライバーを始める方向けのタクシー会社の選び方マニュアルです。

〇 タクシー業界とは不思議な業界
〇 以前は簡単だったドライバー採用
〇 採用するだけではダメだ。
〇 きっかけは社員のささいな一言
〇 わずか6ヶ月で教育担当者を追い抜く新人も!
〇 転職成功の秘訣は会社選びがすべて
〇 太洋モータースのドライバー採用