新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」として、ソーシャルディスタンスの確保、マスクの着用、手洗いうがいの徹底が求められています。

 

では、タクシー利用のお客様がマスクを着用されていなかった場合、運転手は乗車を拒否することができるのでしょうか?

 

今回はタクシー運転手がマスク着用拒否のお客様の乗車を断ることができるかどうか、ポイイントを押さえて解説します。

 

マスク着用拒否のお客様は乗車を断ることができる?

 

令和2年11月4日より、タクシー事業者は国土交通省より運送約款変更の認可を受け、「運転手が利用者にマスク着用を求めても病気など正当な理由なく拒否された場合に、乗車を断ることができる」ことになりました。

 

タクシー運転手はエッセンシャルサービス(日常生活における必要不可欠な仕事)のひとつに数えられ、安定的な事業の継続のために利用者側の協力が求められます。

 

今回の運送約款変更により、タクシー運転手はマスク着用を拒否されたお客様に対して、「条件付き」で乗車を断ることができるようになっています。

 

マスク非着用者の乗車を拒否する条件

 

タクシー運転手は、「条件付き」でマスク非着用のお客様の乗車を断ることができます。

 

その条件とは、以下の3つです。

 

  1. マスク非着用の利用者に対し、運転手がその理由を聞き取る
  2. 病気など正当な理由がない場合に限り、マスクの着用をお願いする
  3. 正当な理由なく、マスク非着用の利用者のみ乗車を断ることが可能

 

今回の運送約款の変更では、新しい生活様式の一環として、「マスクの着用を求める事業者のルール」が認可されました。

 

すでに公共交通機関のバス・電車運転士や、スーパー・コンビニ・薬局店員など、エッセンシャルサービスに数えられる職業の従事者は、マスク非着用の利用者に対し利用を拒否することができるようになっています。

 

こうした流れはエッセンシャルサービスだけでなく、さまざまな業界へ広がる可能性が考えられます。

 

まとめ

 

現役のタクシードライバーの方は、マスク非着用のお客様が乗車される場合に、前述した3つの条件を実施して、乗車可否を判断しましょう。

 

「ニューノーマル」や「withコロナ」と呼ばれる昨今、事業者や利用者を取り巻く環境は刻々と変化していきます。

 

現役のタクシードライバーの方はもちろん、これからタクシードライバーを目指す方も、最新の「タクシー事業者が守るべきルール」を把握しておくことが大切です。