「自動運転タクシー」プロジェクトの公道実証実験スタート

「自動運転タクシー」プロジェクトの公道実証実験スタート

Pocket

(出展 ZMP)

国家戦略特別区域として指定された神奈川県で、「自動運転タクシー」プロジェクトの公道実証実験が2月29日~3月11日の日程でスタートしました。

このプロジェクトは「横浜DeNAベイスターズ」のオーナ企業「DeNA」と、ロボット開発ベンチャーの「ZMP」が実現させたもの。

使用する車両はトヨタ・エスティマハイブリッドをベースにした“RoboCar MiniVan”

遠方の障害物を感知するミリ波レーダーや周囲をセンシングするレーザーセンサー、ステレオカメラ、車両の位置や挙動を計測するGPSや慣性センサ、取得したデータを統合し自動運転を行う車載コンピューターなどを搭載しているそうです。

「ロボットカー」が実現すれば、過疎地や高齢者が多い地域での安価な交通機関として、買い物難民や高齢化社会に対応できるようになりますね。

 

 

Pocket

2017-01-23T09:49:30+00:00