NTTドコモ:人工知能を活用してタクシー利用需要を予測する技術開発

NTTドコモ:人工知能を活用してタクシー利用需要を予測する技術開発

NTTドコモは、東京無線協同組合、富士通、富士通テンと協力して、人工知能の技術を利用してタクシーの利用需要をリアルタイムに予測する「移動需要予測技術」を開発しました。

今回開発した「移動需要予測技術」は、携帯電話ネットワークの仕組みを利用して作成される人口統計に、東京無線のタクシー運行データなどをかけ合わせて分析し、人口統計や運行データのほか、気象データや周辺施設データに機械学習などの人工知能技術を適用、タクシーの需要予測モデルを作成、現在から30分後の乗車数を予測するというものらしいです。

海外からの多くの観光客のタクシー需要が高まるなか、将来的には運行効率化やドライバー配置の適正化によるタクシー供給を最適化することができるようになるかもしれませんね。

画像:Response

 

2016-06-25T00:33:20+00:00