トヨタ『未来のタクシー』、全タク連と基本合意

トヨタ『未来のタクシー』、全タク連と基本合意

Pocket

一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会とトヨタ自動車株式会社は、「タクシーの日」(大正元年に日本で初めてタクシーが走った日)である8月5日、“未来の日本のタクシー”の開発・導入に向けた協業を検討する旨の覚書を締結しました。

 

トヨタは、日本の街の風景を変えることを念頭に、“おもてなしの心”を反映したデザインを採用した次世代タクシーを開発している。
今後は、全タク連とトヨタが協力して、子育てファミリー・高齢者など、世代・年齢や障がいの有無に関わらない多くの方々や、外国人観光客にとっての利便性をさらに向上させることで、バリアフリーでみんなに優しい街づくりとともに、観光立国への貢献を目指しているようです。

<覚書の概要>

1)誰にでも優しいユニバーサルデザイン(UD)タクシーの普及

2)「ホスピタリティ」、「安全・安心」、「利便性」を向上させる車両仕様の策定や、周辺システム等の構築に向け、以下を検討する。
2−1:先進安全装備の充実
2−2:利用者の利便性の向上
2−3:多言語対応への協力

3)東京地区においては、高齢者、女性、新卒、外国人等、今後さらに多様化する乗務員の運転及びサービスの負担を軽減できる、自動運転技術の活用を目指し、将来の自動運転技術の開発・活用に向けて、以下の内容で双方向の協力を検討する。
3−1)タクシーを使った交通・道路環境の情報収集・解析を通じ、トヨタの考える自動運転のかたち「モビリティ チームメイト コンセプト」の開発に活用
3−2)「モビリティ チームメイト コンセプト」に基づき開発された自動運転技術を活用したタクシーの実験的な営業への相互協力

 

Pocket

2016-08-10T00:21:55+00:00