タクシーは「移動」から「体験」へ 車中で最高の読書体験を提供する「オーディオブックタクシー」

タクシーは「移動」から「体験」へ 車中で最高の読書体験を提供する「オーディオブックタクシー」

Pocket

タクシー車中で最高の読書体験を提供する「オーディオブックタクシー」が盛況のようです。

 

オーディオブックタクシーとは、その名の通り車内でオーディオブックを聴き、移動しながら読書ができる体験を提供するタクシーです。これまでさまざまな企画と連動してきたコラボタクシーのなかでも、予約数が1.3倍に伸びるなど好評を得ています。

実は、このオーディオブックタクシーのような「体験型タクシー」が、いま業界の内外で大きな注目を集めているのです。

 

体験型タクシーが増えている

昨今、各タクシー会社が競合他社と差別化を図ろうと、さまざまなアイディアを凝らした体験型タクシーを走らせています。

たとえば、こちらの記事で紹介した「眠れる森の美女タクシー」は、帰宅の時間を利用して社内で美容ケアが行える女性限定のタクシーでした。眠れる森の美女タクシーでは単に会社から自宅まで送ってくれるだけでなく、社内で美容ケアができるという唯一無二の体験を提供しています。

 

他にも観光地を走るタクシーは、ドライバーが観光コンシェルジュを兼ねて、観光スポットのガイドやお得情報を乗客に提供しています。これも目的地から目的地へ移動するだけでなく、最高の観光旅行という「体験」を提供していると言えるでしょう。

 

タクシーはお客様に最高の空間を提供する

体験型タクシーのような特別企画でお客様にタクシーを楽しんでいただくことも大切ですが、そもそもタクシーというものは企画の有無にかかわらず「お客様に最高の空間を提供する」仕事です。

たとえばお客様が車内でお仕事をされるとしましょう。急ブレーキを掛けたりすることがないよう運転に気をつけたり、ラジオの音量を下げたりすることは当たり前。そこからさらに、「どうやったらお客様に集中して仕事ができる空間を提供できるか」を考えなければなりません。

小さなお子様連れの方、お体が不自由な方など、だれもが利用できるタクシーだからこそ、お客様お一人おひとりに最高の空間を提供する必要があるのです。

その気遣いこそが、引いては会社のブランドの確立や売り上げアップにつながっていきます。

 

まとめ

スマートフォンの普及により、SNSをチェックしたり、ネットサーフィンをしたりする人が増えています。

公共の交通機関とは違い、プライベートの空間が確保できるタクシー。そのサービスは「移動するための時間」から「体験するための時間」へと新たな局面に突入したと言えるでしょう。

 

Pocket

2018-12-22T13:12:15+09:00

当社の特徴

採用情報