タクシー業界ニュース

タコグラフ タクシー用語集

2017-05-03T00:30:10+00:00

現在はデジタル式のタコグラフがメインとなってますが、 以前は開閉式のスピード・メーターの裏側に設置してある、円盤状のグラフ。 24時間で一周するため、その間にタクシーの走行状況と実車か空車か、 [...]

相乗りタクシー、都市部でも解禁検討 国交相表明

2017-05-03T00:12:57+00:00

国土交通相は4月21日「タクシー利用促進のため、相乗りタクシーを実証試験し、必要な制度を検討する」と発表しました。 年内にも都内のタクシーの業界団体と実証試験に入ります。 乗客がスマートフォンアプリで、目的地や時間などを入力すると、同じルートを希望する他の乗客とマッチングできる配車アプリの開発を進めているようです。 [...]

エントツとは タクシー用語集

2017-05-02T01:24:09+00:00

タクシーメーターを入れないで、運賃をドライバーが着服する不正行為を言います。 目的地に着くと「すいません。メーターを倒すのを忘れました、お客さんいつも幾らくらいですか」などと言って、料金を会社を通さず着服することがあったらしいです。 お客さんも、いつもの金額よりまけてもらったので問題ないため、クレームになりませんが、やっていることは窃盗罪となります。 [...]

おばけ:タクシー用語

2017-04-03T13:41:38+00:00

タクシー用語でよく使われる「おばけ」という用語があります。 これは、お化け(幽霊)が出た!ではなく、「遠距離利用客」のことを言います。 例えば、東京駅で昼ごろに駅待ちしていたら、群馬までお願い!といったように、思いもよらない場所・時間帯で、超長距離客を乗せた場合に、駅待ちしてたら「おばけが出た!」という言う使い方をします。 [...]

ゾンビとは:タクシー用語

2017-04-03T13:36:38+00:00

タクシー業界用語で、「ゾンビ」という用語が使わています。 ゾンビといっても、ホラーな意味ではなく、 金曜夜などの深夜にタクシーがつかまらないお客様があちこちで手を上げている状態を言います。 [...]

予約率90%のタクシー会社

2017-04-03T13:32:21+00:00

長野県に中央タクシーという会社があるんですが、この会社は、タクシー営業の主流である流し運転をほとんど行わないで事業が成り立っている会社だそうです。 つまり、お客様からの予約率が90%あり、流し営業をせずに、待ちの営業で成り立っています。 始めからそういうスタイルではなかったため、最初は社員ドライバーさんから、猛反発があり、辞めていく社員もいたそうですが、結果としては、売上がどんどん向上して、流しをしなくても営業できるようになったことで、当たり前になったそうです。 [...]

都内タクシーの営業区域とは

2017-03-05T15:41:05+00:00

タクシー営業は、許可されている区域以外で営業を行ってはいけません。 法律により、都内タクシー会社が営業できる区域は、東京特別区は23区・武蔵野市・三鷹市、南多摩交通圏は八王子市・日野市・多摩市・稲城市・町田市など、5種類の営業区域があります。 例えば、東京駅(区域内)→成田空港(区域外)、成田空港(区域外)→東京駅(区域内)の運転はOKですが、成田空港(区域外)→羽田空港(区域外)へ乗客を運ぶことは禁止されています。 [...]

初乗り410円タクシーで利用回数はどのくらい増える?

2017-02-06T00:07:30+00:00

ついに都内タクシーの初乗り運賃が730円から410円になりましたが、2016年10月17日に国土交通省が行ったの実証実験では、タクシー利用者の約60%が利用回数が増えると回答したそうです。 また、タクシーの利用回数では現状の月4.8回から月7.0回へ、約46%増加するという結果が得られたとのこと。 初乗り運賃引き下げによって、訪日外国人の観光需要、高齢者などの日常生活需要の喚起といった効果が期待されていますが、タクシー会社としては客単価が低くなる分、利用回数がそれ以上になることで、売り上げが上がる効果があれば嬉しいですね。 [...]

タクシー利用回数調査 60歳以上の男性公務員がお得意様

2017-02-06T00:27:38+00:00

東京ハイヤー・タクシー協会が平成27年度に実施した「タクシーに関するアンケート調査結果」で、 月間のタクシーの利用回数は、男女とも差はほとんどなく、月に1~3回位が47.5%。4回~10回位が36.3%となった。 年齢別では、月1~3回位利用するのは以外にも20代が約70%と一番多く、4回~10回位の利用頻度になると60歳以上の42.3%が一番多かった。 [...]

国交省「地域交通グリーン化事業」でEVタクシー10台導入支援決定

2016-12-20T18:29:09+00:00

国土交通省は、「地域交通グリーン化事業(電気自動車バス・タクシー・トラック、燃料電池自動車バス・タクシー、超小型モビリティの導入を支援)」の支援対象を決定した。 国交省では「地域交通グリーン化事業」により、自動車運送事業者等に対して、電気自動車バス・タクシー・トラック、燃料電池自動車バス・タクシー、超小型モビリティの導入を重点的に支援している。 今回、2016年度の「地域交通グリーン化事業」について応募のあった事業計画について、外部有識者による評価結果を踏まえて選定し、支援対象6件を決定した。 [...]